@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エマ トンプソン

367日誕生日大事典

エマ トンプソン
生年月日:1959年4月15日
イギリスの女優

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

現代外国人名録2016

エマ トンプソン
Emma Thompson
職業・肩書
女優,脚本家

国籍
英国

生年月日
1959年4月15日

出生地
ロンドン

学歴
ケンブリッジ大学(英文学)卒

受賞
アカデミー賞主演女優賞(第65回,1992年度)〔1993年〕「ハワーズ・エンド」,BAFTA賞主演女優賞(テレビ部門)〔1986年・1987年〕「Tutti Frutti」「Fortunes of War」,ニューヨーク映画批評家協会賞主演女優賞〔1992年〕「ハワーズ・エンド」,ロサンゼルス映画批評家協会賞主演女優賞〔1992年〕「ハワーズ・エンド」,ゴールデン・グローブ賞主演女優賞(第50回,1992年度)「ハワーズ・エンド」,D.W.グリフィス賞主演女優賞(第76回・78回)〔1993年・1995年〕「ハワーズ・エンド」「いつか晴れた日に」「キャリントン」,日本映画批評家大賞(洋画女優賞)〔1995年〕,ニューヨーク映画批評家協会賞脚本賞(第61回)〔1995年〕「いつか晴れた日に」,ロサンゼルス映画批評家協会賞脚本賞〔1995年〕「いつか晴れた日に」,ゴールデン・グローブ賞脚本賞(第53回,1995年度)「いつか晴れた日に」,アカデミー賞脚色賞(第68回,1995年度)〔1996年〕「いつか晴れた日に」,米国脚本家組合脚色賞(1996年度)「いつか晴れた日に」

経歴
父エリック・トンプソンは俳優で舞台演出家、母フィリダ・ロー、妹ソフィーも女優という一家に育つ。ケンブリッジ大学時代、レビュー劇団フットライツに所属。卒業後コメディ作家兼女優としてテレビで活躍。テレビのミニシリーズ「フォーチュンズ・オブ・ウォー」で演出家ケネス・ブラナーと出会い、1989年結婚。英国演劇・映画界の寵児となったブラナーとともにショービジネスのゴールデンカップルと称され、ミュージカル「Me and My Girl」やシリアス劇「怒りをこめて振り返れ」などで演劇界での地位を固める。’89年「彼女がステキな理由」で映画デビュー。’92年「ハワーズ・エンド」でアカデミー賞主演女優賞を受賞し、英国を代表する映画・演劇のトップ女優となる。’93年度も「日の名残り」でアカデミー賞主演女優賞、「父の祈りを」で助演女優賞にノミネート。他の映画出演作に「愛の死の間で」(’91年)、「ピーターズ・フレンズ」(’92年)、「いつか晴れた日に」(脚本も,’95年)、「キャリントン」(’95年)、「ウィンター・ゲスト」(’96年)、「パーフェクト・カップル」(’98年)、「ラブ・アクチュアリー」(2003年)、「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」(2004年)、「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ」(脚本も,2005年)、「主人公は僕だった」(2006年)など。1995年ケネス・ブラナーと離婚。2003年再婚。

出典:日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エマ トンプソン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エマ トンプソンの関連情報

関連キーワード

新藤兼人岡本喜八マキノ雅広森一生チベット問題ルナ市川崑エルスケン川島雄三恐怖映画

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation