@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エミリアロマーニャ州【エミリアロマーニャ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エミリアロマーニャ〔州〕
エミリアロマーニャ
Emilia-Romagna
イタリア北部の州。州都ボローニャ。北をベネトとロンバルディア,西をリグリア,ピエモンテ,南をトスカナの諸州,東をアドリア海に限られる。北部は大平原で,最高点でも標高 60m以下であり,東海岸の北部,ポー川の河口に潟がある。その南はラベンナの平原で,リミニまで続く。エミリア街道はピアチェンツァからリミニにかけて一直線にトスカナアペニン山脈を貫いている。ポー川以外の主要な河川はこの山地に発し,大部分はポー川に合流する。これらの河川から電力が得られる。この地方はイタリアの主要農業地域で,降水,灌漑用水にも恵まれている。コムギ,トウモロコシが主要作物で,テンサイ,タバコ,ジャガイモなども栽培される。野菜は低地に栽培され,アペニン山脈の山腹では良質のワインが醸造される。酪農も盛んで,チーズ,薫製肉などの食品加工,製粉,製糖業も行われる。自動車,農業機械,化学製品,織物などの工業も重要。第2次世界大戦後,ポー川下流で天然ガスと石油が発見されたため,イタリアのエネルギー源の供給地として活気を呈している。主要な鉄道はミラノ-ボローニャ-リミニ-バリの線である。面積2万 2123km2。人口 398万 4055 (1991推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

エミリア‐ロマーニャ(Emilia-Romagna)
イタリア北部の州。オリーブ油バルサミコ酢の製造が盛ん。パルマ県・ピアチェンツァ県・フェラーラ県・フォルリ‐チェゼーナ県・ボローニャ県・モデナ県・ラベンナ県・リミニ県・レッジョ‐エミリア県がある。州都はボローニャ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エミリアロマーニャ州」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エミリアロマーニャ州の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation