@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エムデン(Gustav Embden)【えむでん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

エムデン(Gustav Embden)
えむでん
Gustav Embden
(1874―1933)

ドイツの生理化学者。11月10日ハンブルクに生まれる。ドイツのフライブルク、ストラスブール、フランクフルトで学び、ボン大学講師を経て1914年フランクフルト大学生理学教授。動物の肝臓や筋肉における代謝生理を研究したが、とくに無酸素的な糖分解(解糖)の経路をマイヤーホーフ、パルナスJakub Karol Parnas(1884―1949)らとともに解明した。これは現在EMP経路(エムデン・マイヤーホーフ・パルナス経路)とよばれている。この経路で中間生成されるグルコース六リン酸とフルクトース六リン酸の混合物はかつてエムデン・エステルとよばれた。1933年7月25日フランクフルト(ナッソーという説もある)で死去。

[宇佐美正一郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エムデン(Gustav Embden)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エムデン(Gustav Embden)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation