@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エラガバルス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エラガバルス
Elagabalus(Heliogabalus), Varius Avitus
[生]204. エメサ
[没]222
ローマ皇帝 (在位 218~222) 。ヘリオガバルスとも呼ばれる。エメサの太陽神エラガバルの神官出身で,本名はウァリウス・アウィツス・バッシアヌス。カラカラ帝の従弟にあたる。カラカラが M.マクリヌスに暗殺され,帝位を奪われると,東方の軍隊に推されてローマに入城,マクリヌスを倒して帝位につき,エラガバルスと称した。太陽神の礼拝をローマに導入したが,淫乱失政のため人望を失い,母ソアエミアスとともに近衛軍に殺された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

エラガバルス【Elagabalus】
204‐222
ローマ皇帝在位218‐222年。前名バッシアヌスVarius Avitus Bassianus。シリアの町エメサの大祭司の家柄に生まれ,太陽神エル・ガバルの祭司を務めた後,カラカラ帝の落胤と称して弱冠15歳で帝位に迎えられた。しかし,放縦奢侈に興じ政治を顧みなかったばかりか,ローマの伝統的宗教を無視してエメサの太陽神の崇拝石(隕石?)をローマ市に移し,帝国の最高神としてパラティヌス丘神殿に祀ったことから,やがて軍隊と民衆反感かい,母とともに殺害された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

エラガバルス
えらがばるす
Elagabalus
(204―222)

古代ローマ皇帝(在位218~222)。本名Varius Avitus Bassianus。ヘリオガバルスHelīogabalusともいう。皇帝としてはアウレリウス・アントニヌスMarcus Aurelius Antoninusと称した。セプティミウス・セウェルス帝の遠縁。祖母ユリア・マエサの後押しでシリアの軍団に推戴(すいたい)されて登位した。代々シリアのエメサの太陽神エラ・ガバルの神官の家柄の出で、彼自身神官としてローマに同太陽神の聖石を持ち込んで神殿を建て、これを国家最高神とした。祖母や母に政治を任せ、自らは放縦な生活に陥り、元老院、兵士の不興を買い、近衛(このえ)軍のために母とともに暗殺された。

[松本宣郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エラガバルス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エラガバルスの関連情報

関連キーワード

高句麗弁護人アンティゴノス[3世]ウルバヌス1世検証(刑事訴訟)タリウム傷害罪年代測定范増

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation