@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エリオット(Thomas Stearns Eliot)【えりおっと】

日本大百科全書(ニッポニカ)

エリオット(Thomas Stearns Eliot)
えりおっと
Thomas Stearns Eliot
(1888―1965)

イギリスの詩人、批評家、劇作家。9月26日アメリカのミズーリ州セントルイスに生まれ、1927年イギリスに帰化。17世紀後半イギリスからボストンに移住した旧家の出で、祖父はユニテリアン派の牧師、父は実業家である。文学好きな母の血を引いて少年時代から詩作を始め、1906年ハーバード大学に入学してからは学生の編集する文芸誌に習作を寄稿した。アーサー・シモンズの『象徴主義の文学運動』(1899)を読んで当時のフランス詩人たちを知り、ラフォルグの軽妙で皮肉な口語体詩に心酔したのもこのころである。1909年大学を卒業してパリのソルボンヌ大学に1年間留学、帰国後はハーバード大学大学院で近代哲学、インド哲学、サンスクリットなどを研究した。1914年夏、今度はドイツのマールブルク大学に留学するが、第一次世界大戦の開戦とともにイギリスのオックスフォード大学に移り、博士論文の執筆にとりかかった。

 しかしこの移住はエリオットの生涯に大きな転換をもたらす。1915年6月、イギリスで知り合った画家の娘ビビアン・ヘイウッドと結婚、いったん1人で帰国するが、父親の認めるところとならず、研究生活を捨ててロンドンの学校教師となり、さらに1917年からはロイズ銀行に就職して2人の暮らしを支えた。これ以後1932年までアメリカの土を踏むことはない。一方ではエズラ・パウンドの口利きで詩と評論を雑誌に寄稿し始め、1917年には最初の詩集『プルーフロックとその他の観察』を出版、先鋭なイメージや口語体独白の断片を積み重ね、微妙な心理のあやを表出して、モダニズム文学運動に参加した。1920年の批評集『聖なる森』では従来のロマン主義詩法を否定、詩人は自己の個性を抹消して、全ヨーロッパ文学の伝統を同時的に意識すべきであると主張して、新文学の理論的な立場を明らかにした。1922年には国際的な視野にたつ文芸季刊誌『クライテリオン』(1922~1939)を創刊して文壇に新風を吹き込み、第1号に長編詩『荒地(あれち)』を発表して戦後世代の熱狂的な支持を得た。その後も、17世紀形而上(けいじじょう)派詩人の強壮な感受性を称賛してミルトンのラテン語法を批判し、ダンテの寓意(ぐうい)手法の現代的な意義を考察するなど、文壇や学界に大きな話題を提供して、しだいに詩人・批評家の地歩を固め、イギリス文学の主流となるに至った。1925年フェイバー出版社に迎えられて銀行勤務の過重な負担からは解放されたが、結婚生活では妻の神経症に悩まされて、1932年に別居を余儀なくされた。

 イギリス帰化後の1928年、エリオットは「文学では古典主義者、政治では王党派、宗教ではアングロ・カトリックである」と自己の信条を規定して注目を浴びたが、『異神を追いて』(1934)、『キリスト教社会の理念』(1939)、『文化の定義のための覚え書』(1948)など一連の文明論では、キリスト教によってヨーロッパの秩序の確立を求める理想主義者の主張と、政治的保守主義者の姿が重なり合っている。詩の領域では、「うつろな男たち」(1925)から、「灰の水曜日」(1930)、『四つの四重奏』(1943)へ進むにつれて、宗教的な主題があらわになり、風刺の口調は信仰の告白へと変化するが、緊迫した内面の劇をえぐり出すしなやかな感性は失われていない。

 また、彼は早くから劇的な話法の再現や、詩劇の復興に関心を寄せていたが、12世紀の大司教ベケットの殉教を描いた『大聖堂の殺人』(1935初演)が好評を得てから、現代に舞台を移して、『一族再会』(1939初演)、『カクテル・パーティ』(1949初演)、『秘書』(1953初演)、『元老政治家』(1958初演)などの詩劇を書き、いちおうの成功を収めた。1948年、現代詩の先駆者としての貢献を評価され、ノーベル文学賞を受賞。最初の妻は1947年に療養所で亡くなったが、1957年1月に秘書バレリー・フレッチャーと再婚、幸福な晩年を送った。1965年1月4日、76歳で死去。ウェストミンスター寺院に葬られた。

[高松雄一]

『吉田健一他訳『エリオット選集』4巻・別巻1(1959・弥生書房)』『深瀬基寛他訳『エリオット全集』全5巻(1971・中央公論社)』『深瀬基寛著『エリオットの詩学』(角川文庫)』『西脇順三郎著『T・S・エリオット』(1965・研究社出版)』『寺田建比古著『T・S・エリオット――沙漠の中心』(1963・研究社出版)』『平井正穂編『エリオット』(1967・研究社出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エリオット(Thomas Stearns Eliot)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エリオット(Thomas Stearns Eliot)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation