@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エリス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エリス
Ellis, (Henry) Havelock
[生]1859.2.2. サリークロイドン
[没]1939.7.8. サフォーク,ウォッシュブルック
イギリスの思想家,心理学者。ロンドンで医学を修めたが,転じて文学,科学に関する作を行い,多くの資料に基づいて性欲,天才,犯罪,夢,結婚に関する研究を発表。性心理の最高権威主著『犯罪者』 The Criminal (1890) ,『英国の天才の研究』 Study of British Genius (1904) ,『夢の世界』 The World of Dreams (11) ,『性の心理学研究』 Studies in the Psychology of Sex (7巻,1897~1928) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エリス
Ēlis; Elea
ペロポネソス半島北西部に位置する古代ギリシアの都市国家。現イリア。馬の飼育と前 776年以来エリス人が司ったオリュンピア競技 (→古代競技会 ) で知られている。中心市エリスは前 572年までに全地域を統合,ときにスパルタ同盟または敵対したこともあったが,オリュンピア競技の主催者としておおむね中立を堅持し,独立を保持した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エリス
Eris
ギリシア神話の争いの女神。夜の女神ニュクスの子で,労苦ポノス,飢餓リモス,戦闘マケ,殺害フォノス,その他もろもろの災いを生んだとされる。トロイ戦争は,ペレウステティスの結婚を祝う神々の宴会の最中に,その場に自分が招かれなかった腹いせにエリスが投込んだ「最も美しい女神へ」と記された黄金のリンゴが,原因となって引起された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エリス
Exoat-mospheric Reentry-vehicle Interceptor System; ERIS
大気圏外再突入体迎撃システム。 SDI計画により開発されてきた地上発射型弾道ミサイル迎撃ミサイル。大気圏外で核弾頭を破壊するのが目的。軌道上のミラー衛星めがけて地上局から発射されたレーザーにより誘導されて接近し,内蔵センサーで目標物を捉し,ホーミング誘導で直接衝突し破壊する。 1992年にミニットマンIミサイルを目標として太平洋上で行われた実験で成功を収めている。しかし,最近の米ロ緊張緩和に伴って ICBM/SLCMなどの戦略核ミサイルに対する迎撃システムの重要性が低下したため,開発が中止される見通しである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エリス
Eris
太陽系にあり,海王星軌道と冥王星軌道の外側で太陽のまわりを公転している天体準惑星に分類される。2005年,アメリカ合衆国のカリフォルニア州にあるパロマ山天文台で 2003年に撮影された画像のなかから発見された。エリスという名称が公式に決まるまでの仮符号は 2003 UB313。発見者によって「ゼナ」と呼ばれたほか,「第10惑星」ともいわれた。直径は約 2500kmで,冥王星より少し大きい。太陽のまわりを 560年周期で回り,軌道傾斜角の大きい楕円軌道を描く。スペクトルから,その表面はメタンの白い氷で覆われているとみられる。また少なくとも 1個の衛星を伴っている。ダイスノミアと呼ばれるその衛星はエリスの 8分の1の大きさで,公転周期は約 2週間である。エリスや冥王星は,2006年8月国際天文学連合 IAUにより,太陽のまわりを公転する天体の新しい分類として定義された準惑星に属することになった。2008年6月,IAUは,海王星の外側にあるエリスや冥王星をはじめとする準惑星を「冥王星型天体プルートイド plutoid)」として分類した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

エリス(Eris)
準惑星の一つ。太陽系外縁天体冥王星型天体に属す。2003年、パロマー山天文台からの観測で発見された。名の由来ギリシャ神話戦いの女神。冥王星の外側の軌道を公転する。冥王星より大きいため惑星に分類すべきか論議されたが、2006年に国際天文学連合が設けた区分の「準惑星」に分類された。衛星(ディスノミア)をもつ。直径は2400~3000キロメートルと推定される。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エリス(Henry Havelock Ellis)
[1859~1939]英国の医師・心理学者。性心理の研究で有名。著「性心理学研究」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

エリス【Ēlis】
ギリシア南部,ペロポネソス半島の中西部の地方。現在の呼称はイーリア。馬,羊,ヤギなどの牧畜と干しブドウ生産を行う。古代においてこの地方は馬とアマ栽培で知られた。またオリュンピアの祭典を主催し,早くから親スパルタの立場をとるが,ペロポネソス戦争中にアテナイ側に加わり,その結果前399年に国土の一部を失う。ペネイオス川流域の町エリスは前471年ころに建設され,オリュンピアに替わり政治の中心地となった。劇場,アゴラ北西部の体育場,レスリング場など発掘された遺跡も多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

エリス【Eris】
ギリシア神話の不和,争いの女神。ペレウスと海の女神テティスの婚礼の席にただひとり招かれなかったエリスは,その腹いせに,〈最も美しい女神に〉と記した黄金のリンゴを宴の場に投げ入れたため,ヘラ,アテナ,アフロディテの3女神の争いとなったが,ゼウスに審判を命じられたトロイアの王子パリスは,彼と美女ヘレネとの結婚を約束したアフロディテに軍配をあげた。これがもとでトロイア戦争がおきたという。【水谷 智洋】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

エリス【Alexander John Ellis】
1814‐90
イギリスの古典学,数学,音楽学の研究者。英語の発音に関する科学的な研究でも知られるが,音楽においては,自身は,音感をもっていなかったといわれるが,民族音楽学の父と呼ばれるほどの業績を残した。特に重要な著作は,《諸民族の音階》(1885,邦訳1951)で,ここで,ヨーロッパだけでなくアジアやアフリカ楽器の音高が物理的な方法で計測され,音階の多様性が提示された。エリスは,音程を振動数によらずに,平均律半音(これを100単位とする)との比較で行うためセントという単位を提案し,今日でも広く使われている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

エリス【Henry Havelock Ellis】
1859‐1939
性科学(セクソロジー)の創始者として知られるイギリスの医師。ロンドン近郊に船長の長男として生まれ,世界を周遊した後にロンドンに戻って医学を修め,開業医となったが,30歳代で研究,著作に専念する生活に入った。文芸批評,犯罪心理学,天才研究などの業績もあるが,1894年の《男と女》以来,性の研究に対する偏見と弾圧の強い時代に,一貫して性の科学的研究とその体系化に力を尽くした。主著は《性の心理学的研究》全6巻(1897‐1910)で,古今東西のあらゆる分野の文献を集成した,一種の性科学の百科事典というべき労作である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

エリス【William Webb Ellis】
1807‐72
ラグビー・フットボールの創始者。イギリスのパブリック・スクールの一つ,ラグビー校在学中の1823年秋,校内フットボール大会の試合中,彼は興奮してルールを破り,ボールを手に持って相手のゴールへ突進したが,この反則がヒントとなり,後にボールを手に持って走るラグビー・フットボールのルールが考案されたといわれている(〈ラグビー〉の項を参照)。オックスフォード大学卒業後牧師となり,フランスに移住。【川本 信正】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

エリス
(Henry Havelock Ellis ヘンリー=ハベロック━) イギリスの心理学者。性欲心理に関する「性心理学の研究」は広く各国に翻訳されて有名。ほかに「イギリスの天才研究」「夢の世界」など。(一八五九‐一九三九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エリス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エリスの関連情報

関連キーワード

ビラフランカの和議余計者光の科学史インド大反乱川本幸民岡田普理衛ゼーバッハデカルソンデントンヘットナー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation