@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エリソン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エリソン
Ellison, Ralph
[生]1914.3.1. オクラホマ,オクラホマシティー
[没]1994.4.16. ニューヨーク,ニューヨーク
アメリカ合衆国の黒人小説家。フルネーム Ralph Waldo Ellison。生地の公立学校卒業後,州の奨学金を得てアラバマ州の黒人向け職業学校タスキーギ工業師範学校で音楽を専攻。作曲家になるつもりでニューヨークに出たが,ここで黒人作家リチャード・ライトを知り,その勧めで小説執筆を始めた。1952年,7年の歳月をかけて完成した長編見えない人間』Invisible Manを発表し,全米図書賞を受賞。この作品は,黒人のアイデンティティ喪失を象徴的に描いたもので,第2次世界大戦後のアメリカ小説を代表する作品の一つに数えられる。その後は各地の大学の講師をしたり,種々の雑誌に寄稿。評論集『影と行為』Shadow and Act(1964)などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

エリソン(Ralph Ellison)
[1914~1994]米国の黒人小説家。小説「見えない人間」は、黒人という存在白人の目には見えないものとして描き出した。他に人種問題などを論じた評論集「影と行為」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

エリソン【Ralph Ellison】
1914‐94
ライト,ボールドウィンとならぶアメリカ黒人文学界の重鎮オクラホマ州の出身で,はじめ音楽家を志したが,1937年ニューヨークでライトと知り合ったのが作家になる機縁となったといわれる。作品としては十数編の短編小説,すぐれた評論集《影と行為》(1964)のほかに,代表作の長編小説《見えない人間》(1952)があるだけである。だが今やアメリカの古典の一つともいうべきこの大作によって,世界の文学界でのその地位は不動のものとなっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

エリソン
えりそん
Ralph Ellison
(1914―1994)

アメリカの黒人作家。オクラホマ州オクラホマ・シティ生まれ。タスキーギー学院に進んで音楽の勉強をしたあと、ニューヨークに渡り、アメリカ黒人の抗議文学を代表する黒人作家R・ライトと知り合い、また共産党と関係をもつようになって作家生活に入った。代表作は長編小説『見えない人間』(1952)。これは、正体をもたないことがアメリカ黒人の正体であるとするユニークな認識を通じて、アメリカ黒人の自由の可能性を模索した作品といえるが、そのような認識に至る過程を、アメリカ黒人がアメリカ社会のなかで見えない存在となっていく苦しみとして描き出している。ほかに評論集『影と行為』(1964)などがある。

[齊藤忠利]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エリソン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エリソンの関連情報

関連キーワード

牧野省三第一次世界大戦史(年表)チャップリンセネット第一次世界大戦第1次世界大戦グリフィス第1次世界大戦プロコフィエフイタリア映画

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation