@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エリュアール

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エリュアール
Éluard, Paul
[生]1895.12.14. パリ近郊サンドニ
[没]1952.11.18. シャラントンルポン
フランスの詩人。本名 Eugène Grindel。父は会計係,母はお針子。リセ (高等中学校) 在学中に肺結核にかかりスイスに転地,アポリネールやホイットマンに親しんだ。第1次世界大戦に従軍,反戦詩集『義務と不安』 Le Devoir et l'inquiétude (1917) を発表。戦後,ダダ,次いでシュルレアリスムの運動の主唱者の一人として『苦しみの都』 Capitale de la douleur (26) ,『愛・詩』L'Amour,la poésie (29) ,『豊かな目』 Les Yeux fertiles (36) ,『自然な流れ』 Cours naturel (38) など多くの詩集を発表。彼の詩は愛,夢,反抗を主要テーマにし,初めは孤独とメランコリーに彩られていたが,やがて広く人々と結びつこうとして力強い簡潔な詩風をとり,自由と人間愛を歌った。スペイン内乱以後政治に参与し,1942年共産党入党。第2次世界大戦中はレジスタンスの詩人として『詩と真実』 Poésie et vérité (42) などを発表。シュルレアリスム詩人のなかで最も音楽的な詩人といわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

エリュアール(Paul Eluard)
[1895~1952]フランスの詩人。ダダイスムシュールレアリスム運動に加わったのち、共産党に入党。第二次大戦中、対独抵抗運動に参加。民衆語による情熱的詩風を築いた。詩集「苦悩の首都」「詩と真実一九四二年」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

エリュアール【Paul Éluard】
1895‐1952
フランスの詩人。本名ウージェーヌ・グランデル。少年時代をサナトリウムで過ごし,厭戦気分の漂う抒情詩集《義務と不安》(1917)を発表した後,ブルトン,アラゴン,スーポーの主宰する《文学》誌に加わり,ダダ運動を経てシュルレアリスム運動の創立者の一人となった。この時期に語法とイメージは大胆に刷新されたが,持ちまえの平易明快な作風終生変わらなかった。シュルレアリスム詩の傑作といわれる《苦悩の首都》(1926),《愛・詩》(1929),《直接の生》(1932)のほかに,ブルトンとの共著処女懐胎》(1930)のような実験的作品もある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

エリュアール
えりゅあーる
Paul Eluard
(1895―1952)

フランスの詩人。本名ウージェーヌ・グランデル。12月14日パリ北郊サン・ドニに生まれる。少年期に肺結核にかかり、スイスで療養中にロシア娘ガラに出会い、のち結婚する。第一次世界大戦中は看護兵として戦争の惨禍を体験、反戦詩集『義務と不安』(1917)、『平和のための詩』(1918)を発表する。戦後はパリのダダ運動に参加、さらにブルトン、アラゴンらとともにシュルレアリスム運動の代表的詩人となる。『苦悩の首都』(1926)、『愛・詩』(1929)、『直接の生』(1932)などの詩集においては、生来の明快流麗な文体に大胆な実験的語法が加わり、平易な語句の意想外な組合せから驚くべき超現実的イメージが出現し、華麗なエロティシズムが脈動している。また、ブルトン、シャールとの共著『工事中徐行』(1930)、ブルトンとの共著『処女懐胎』(1930)がある。

 ガラと別れたあとは第二の妻ニュッシュを迎え(1934)、国際的シュルレアリスム運動の活動家として活躍、『肥沃(ひよく)な眼(め)』(1936)、『自由な手』(1937)、『自然な流れ』(1938)、『見せる』(1939)などの中期の秀作には、平明な言語により万人に親しみやすい作品を書こうとする配慮がみられる。ファシズム台頭、スペイン内乱を契機としてしだいに政治問題に関心を深め、1938年ブルトンらのグループと決別する。社会正義と同胞愛を詩の目的とみなす詩論『詩的証明』(1936)や詩集『ゲルニカの勝利』(1938)などの作品にはこの間のエリュアールの内的変化が反映している。第二次世界大戦中は対独抵抗運動に加わり、共産党に再入党。抵抗詩の傑作「自由」を含む『詩と真実1942』(1942)、『ドイツ軍駐屯地で』(1944)などは広く一般に愛唱された。晩年の代表作に『とだえざる詩』(1946~53)、『時は溢(あふ)れる』(1947)、『フェニックス』(1951)などがある。52年11月18日没。

[田中淳一]

『嶋岡晨訳『エリュアール選集』全二巻(1972・飯塚書店)』『安東次男訳『エリュアール詩集』(1969・思潮社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

エリュアール
(Paul Eluard ポール━) フランスの詩人。ダダイズム、ついでシュールレアリスム運動に加わったのち共産党に入党。第二次大戦中は対独抵抗運動に参加。代表作「苦悩の首都」「詩と真実一九四二年」。(一八九五‐一九五二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エリュアール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エリュアールの関連情報

関連キーワード

日清戦争史(年表)深刻小説日清戦争樋口一葉観念小説リュミエール兄弟文芸倶楽部[各個指定]工芸技術部門台湾ドボルジャーク

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation