@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エリュシオン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エリュシオン
Elysion
ギリシア神話の楽園。神々に特別祝福された人間たちが死後の生をおくる場所。世界の西のはてのオケアノスの流れの岸辺にある野原で,ラダマンチュスが支配し,雪ももなく,常に西風が吹く,人間にとって最も住みよい場所であるという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

エリュシオン(Ēlusion)
ギリシャ神話で、神々に愛された人々が死後に幸福な生活を送る野。「幸福(者)の島」ともいわれる。エリジウム

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

エリュシオン【Ēlysion】
古代ギリシア人が想像した楽園。ホメロスによれば西方大地の果て,オケアノスの流れの近くにあり,気候温暖,芳香に満ちる。〈至福者の島〉とも呼ばれ,神々に(よみ)せられた英雄が送られた。後には行いの正しい人間が死後に移り住む冥界の一部と考えられた。ベートーベンが第九交響曲に用いたシラーの《歓喜に寄す》にもエリュジウムElysiumとラテン語に由来する形で現れる。フランス大統領官邸エリゼ宮Élyséeの名もこれにちなむ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

エリュシオン【Ēlysion】
ギリシャ神話で、神々に愛された人々が死後に住む楽園。ヘシオドスはここを「至福者の島」と呼び、ホメロスでは西の果ての野原などとされ、またウェルギリウスでは地下の冥界にあるとされた。 ローマ神話ではエリジウム。フランスのエリゼ宮シャンゼリゼーという名称はこの語にちなむ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

エリュシオン
(Elysion) =エリジウム

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エリュシオン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エリュシオンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation