@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エリンバー

世界大百科事典 第2版

エリンバー【Elinvar】
エランバーともいう。室温付近での温度変化に対してヤング率がほぼ一定である性質(エリンバー効果)をもっている,Feを主とし,Ni≌36%,Cr≌12%,Mn1~2%の合金。普通の金属・合金はヤング率が温度上昇に伴って小さくなるので(温度係数は10-4/℃程度),ばね特性を利用する精密機器や標準の振動子への使用には不適当である。このため,これらの機器のばねにはエリンバーが用いられる。フランスのギヨームC.E.Guillaumeがインバーの研究中にヤング率の温度変化が0になるFe‐Niの組成を発見,合金名はelastic invariableから名づけられた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

エリンバー
えりんばー
elinvar

室温付近で弾性率の温度による変化がきわめて少ない合金。鉄にニッケル(約35%)とクロム(約10%)を加えたもの。この種の合金の弾性率は1℃当り1000分の1%程度しか変わらない(鉄の30分の1)。温度が変わっても、ばね特性がほとんど変わらないので、機械時計などのぜんまい用材料として用いられる。

[及川 洪]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エリンバー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エリンバーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation