@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エリー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エリー
Erie
アメリカ合衆国,ペンシルバニア州北西部,エリー湖東岸の都市。地名インディアンエリー族に由来。 1753年フランスのが建設されたが,その後放棄され,95年アメリカ合衆国の砦と町が建設された。以来エリー湖畔にのぞむ港町工業都市として発展。パルプ鉄鉱石石灰岩石炭石油,工業製品などの積卸しが行われる。金属工業が最も重要で,食品,製紙工業も行われる。そのほか電気機関車,パワーショベル,エンジン,ボイラ,プラスチック製品,玩具,アスベスト製品,絞り機械と電子工業部品など多種にわたる工場が立地する。 1963年に復元されたペリー記念館は,かつてのディクソン・タバーンで逃亡奴隷をかくまったところ。人口 10万 8718 (1990) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

エリー(Erie)
米国ペンシルベニア州北西部の都市。エリー湖に面し、良港に恵まれる。石炭・鉄鉱石・木材などの積み出しで発展。各種製造業が盛んな工業都市でもある。エリー湖に臨むプレスクアイル州立公園は、行楽地として人気がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

エリー【Erie】
アメリカ合衆国ペンシルベニア州北西部,同名郡の郡都。人口10万8000(1994)。エリー湖に面しており,ペンシルベニア州において五大湖に面した唯一の港である。石炭,鉄鉱石,穀物,石油,木材などの移出港。ボイラー,エンジン,パワーショベル,プラスチック,紙製品,機械などが主要工業製品。1753年,フランス人がこの地にプレスク砦を建設したが,町が形成されたのは95年であった。1851年市制施行。【菅野 峰明】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

エリー
えりー
Erie

アメリカ合衆国、ペンシルベニア州北西部、エリー湖岸の港湾都市。人口10万3717(2000)。同州では唯一の五大湖に臨む良港で、石炭、石油、鉄鉱石、穀物、木材を積み出し、漁業基地としても繁栄する。ボイラー、エンジン、パワーショベルなどの製造業も盛んである。18世紀末に、フランスの要塞(ようさい)跡に町が築かれた。1844年エリー・ピッツバーグ運河の開通、50年代の鉄道の開通によって大きく発展した。エリー湖に長く延びた半島部にあるプレスク島州立公園は、行楽地として名高い。

[作野和世]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エリー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エリーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation