@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エルフルト綱領【エルフルトこうりょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エルフルト綱領
エルフルトこうりょう
Erfurter Programm
1891年ドイツ社会民主党がドイツ中部のエルフルトにおいて採択した綱領。それはゴータ綱領のラサール主義を完全に拭い去るために制定したものであって,原則綱領と行動綱領との2部から成り立っていた。前者は K.カウツキーによって執筆され,党の任務を,『資本論』に基づいて理論的に宣明したものである。また後者は主として E.ベルンシュタインによって執筆され,政治的民主化の要求,税制改革,労働条件の改善などをうたったものである。全般的にみると,マルクス主義的な綱領であるが,革命的ではなくて,改良主義的であったといえる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

エルフルトこうりょう【エルフルト綱領】
1891年10月,ドイツのエルフルトで開かれたドイツ社会民主党大会で採択された綱領。それまでのゴータ綱領に代わるもので1921年まで有効であった。内容上2部から成り,第1部は〈ブルジョア社会の経済発展〉が〈階級闘争〉を必然的に激化させること,全人類の解放は〈生産手段の資本主義的私有を社会的所有に転化〉することなしには不可能で,そのためには〈労働者階級は政治権力を獲得しなければならない〉という原則を明らかにする。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

エルフルト綱領
えるふるとこうりょう
Erfurter Programm

1891年10月、ドイツ社会民主党のエルフルト大会で採択され、1921年のゲルリッツ綱領にかえられるまで同党の指針となった綱領。綱領は、同党の前身ドイツ社会主義労働者党のザンクト・ガレン大会(1887)の決議に基づき、草案に寄せたエンゲルスの批判をも受け入れ、原則的部分をカウツキー、実践的部分をベルンシュタインが起草し、全体としてほぼマルクス主義によって貫かれている。原則的部分では、ブルジョア社会の経済的発展が自然必然的に生み出す諸矛盾と、労働者階級による政治権力の獲得の必要性が説かれ、実践的部分では、普通・平等・直接選挙権など10項目、および8時間労働など5項目の労働者保護政策が要求されている。

[松 俊夫]

『カウツキー著、都留大治郎訳『エルフルト綱領解説』(『世界大思想全集 第14巻』所収・1955・河出書房)』『エンゲルス著、村田陽一訳『1891年の社会民主党綱領草案の批判』(『マルクス=エンゲルス全集 第22巻』所収・1971・大月書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

エルフルト‐こうりょう ‥カウリャウ【エルフルト綱領】
(エルフルトはErfurt) 一八九一年、ドイツ社会民主党がドイツ中部のエルフルトで開いた大会で、マルクス主義の立場から資本主義社会の発展法則と党の役割を明らかにした基本方針。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

エルフルト綱領
エルフルトこうりょう
Erfurter Programm
1891年にドイツ社会民主党のエルフルト大会で,ゴータ綱領に代えて採択された綱領
起草はカウツキーら。マルクス主義にもとづき,同党の理論と課題を明らかにした。1921年,ゲルリッツ綱領により廃止された。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エルフルト綱領」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エルフルト綱領の関連情報

関連キーワード

バーナムワイルドマッキム・ミード&ホワイトイグナチー ポタペンコドミトリー マミン・シビリャーク内閣総理大臣ゴーギャン自由新聞マルティデュリー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation