@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エルンスト

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エルンスト
Ernst, Max(Maximilien)
[生]1891.4.2. ケルンブリュール
[没]1976.4.1. セイセン
ドイツ出身のフランスの画家,彫刻家。ボン大学で哲学を学び,絵は独学。第1次世界大戦後バールゲルトとともにケルンでダダの運動を起し,互いに無関係な書物挿絵を張合せて,文学的で知的な構想の画面を形成するコラージュを創始。代表作は『百頭女』 (1929) 。 1922年パリに移り代表的なシュルレアリストとして活躍。 25年には物の表面に紙を当て,その上から鉛筆などで拓本のようにこするフロッタージュの技法を初めて採用し,『博物誌』 (26) など幻想的な作品を制作。 41年渡米しニューヨークで A.ブルトンらとシュルレアリスムの雑誌『VVV』を刊行。 53年フランスに帰る。画論に『絵画の彼岸』 Au delà de la peinture (37) がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エルンスト
Ernst, Paul (Karl Friedrich)
[生]1866.3.7. エルビンゲローデ
[没]1933.5.13. オーストリア,ザンクトゲオルゲン
ドイツの小説家,劇作家。初めベルリンで学び,自然主義やマルクス主義に共鳴したが,のち離れ社会学の研究に打込み,特に中世社会を新しい社会のモデルと考えるにいたる。ショルツやルブリンスキーらと新古典主義を提唱晩年農村に引きこもって生活。悲劇『カノッサ』 Canossa (1908) ,『ブルーンヒルト』 Brunhild (09) ,評論集『形式への道』 Der Weg zur Form (06) などがあるが,特に短編小説に非凡の才を示し約 300編を残し,『喜劇役者たち』 Komödiantengeschichten (20) などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エルンスト
Ernst, Richard Robert
[生]1933.8.14. スイス,ウィンタートゥール
スイスの化学者。 1956年チューリヒのスイス連邦工科大学化学科を卒業,62年同大学で物理化学博士号を取得。 63~68年アメリカ,カリフォルニア州パロアルトのバリアン協会研究員を経て,スイスに戻り,母校で講師となり,70年助教授,76年教授に就任。アメリカでの研究時代に,高分解能核磁気共鳴 (NMR) 分析法の精度を飛躍的に高める方法を発見した。すなわち従来の電磁波波長をゆっくりと変化させる方法を,強力なパルス状の電磁波を瞬時にかける方法に変え,さらに試料が発する信号フーリエ変換を施して吸収スペクトルを得るのである。この発見により分析可能な対象が広がった。さらに 1970年代後半以降は NMRを3次元,4次元にまで拡張し,生化学,医学,生物学,物性物理学などさまざまな分野での応用を可能にした。 91年ノーベル化学賞を受賞。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

エルンスト(Max Ernst)
[1891~1976]ドイツの画家。フランスで活躍し、シュールレアリスムの指導的人物。コラージュフロッタージュを発表。作品に「百頭の女」「博物誌」。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

エルンスト【Max Ernst】
1891‐1976
ダダおよびシュルレアリスムの代表的な画家。ドイツのブリュールに生まれ,ボン大学で哲学と美術史を学ぶ。1914年ケルンでアルプと出会う。19年互いに関係のない写真や印刷物を貼りあわせて意外な視像を現出させる〈コラージュ〉を試み,ケルンでダダ運動をおこす。翌年ブルトンらと交友し,やがてシュルレアリスムに加わる。22年パリへ移住し,詩人エリュアールとの共編《不死者の不幸》を出版。25年,目の粗い物体の表面に紙をあて,鉛筆などでこすって視像をえる〈フロッタージュ(摩擦画)〉の技法を発見。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

エルンスト
(Max Ernst マックス━) 画家。ドイツ生まれ。初め表現派からダダ運動に参加、一九二一年からパリに住み、シュールレアリスムの代表的作家となる。四一年から四九年までアメリカに滞在、以後はパリで生活した。(一八九一‐一九七六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

エルンスト
エルンスト
Ernst, Richard R.

スイスの物理化学者.チューリヒのスイス連邦工科大学に学び,核磁気共鳴(NMR)の測定理論で,1962年学位を取得.1963~1968年カリフォルニアのVarian社に勤めた後,連邦工科大学に戻り,1976年物理化学教授となる.従来は連続波の周波数掃引によっていた核磁気共鳴スペクトルの測定法にかわり,単一のラジオ波パルスによる核磁化の運動を検出し,フーリエ変換によりスペクトルを得るフーリエ変換核磁気共鳴(FT-NMR)法を開発し,NMRの測定感度を飛躍的に向上させた.さらに複数のラジオ波パルスの間隔をかえて磁化の信号を取得し,二つの時間軸に対してフーリエ変換を行う二次元NMR測定をはじめて行い,NMRによる生体分子などの複雑な高次構造解析に道をひらいた.以上の業績により,1991年ノーベル化学賞を受賞した.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エルンスト」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エルンストの関連情報

関連キーワード

バーナムワイルドマッキム・ミード&ホワイトイグナチー ポタペンコドミトリー マミン・シビリャーク内閣総理大臣ゴーギャン自由新聞マルティデュリー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation