@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エル・テニエンテ銅山【えるてにえんてどうざん】

世界大百科事典 第2版

えるてにえんてどうざん【エル・テニエンテ銅山】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

エル・テニエンテ銅山
えるてにえんてどうざん
El Tenente Copper Mine
チリの首都サンティアゴの南南東100キロメートルにある銅山。白亜紀末の火成活動に伴う花崗斑岩(かこうはんがん)―石英斑岩中に鉱染した斑岩銅鉱床で、埋蔵鉱量は銅品位1%以上で約16億トン、鉱石は黄銅鉱、斑銅鉱である。1905年に発見、開発され、ブロックケービング法による坑内採鉱で日産4万トンの粗鉱が出される。選鉱によって銅品位33%以上の精鉱として、近くのカレトーネス製錬所に送られる。[房村信雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エル・テニエンテ銅山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エル・テニエンテ銅山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation