@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エレウテリウス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エレウテリウス
Eleutherius
[生]?. ニコポリス
[没]189.5.24. ローマ
ニコポリス出身の第13代教皇在位 175頃~189)。聖人。初期キリスト教徒の著述家ヘゲシップスによれば,教皇アニケツス(在位 155頃~166頃)の時代にローマ教会の助祭だったという。キリスト教徒に比較的寛容だったローマ皇帝コンモドゥス(在位 177~192)の治世に教皇を務めた。在位中,教会はモンタヌス派をめぐる論争に巻き込まれた。モンタヌス派はアナトリアのキリスト教徒の間で興った運動で,預言者の恍惚状態を通じて新たな霊的啓示が得られると信じた。177年にリヨン地方のキリスト教徒から預言者モンタヌスの教えに対する意見を受け取って以来,エレウテリウスはモンタヌス派の問題に強い関心をもった。モンタヌス派に反対していたことははっきりしているが,論争をどう収めようとしていたのかは知られていない。祝日は 5月26日。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エレウテリウス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エレウテリウスの関連情報

関連キーワード

国際労働条約牛車霊帝[後漢]献帝国際労働機関司法警察諸子百家支婁迦讖捜査iPad

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation