@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エレファンタ島【エレファンタとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エレファンタ島
エレファンタとう
Elephanta Island
インド西部,マハーラーシュトラ州西部,ムンバイ (ボンベイ) 港の東沖約 10kmにある周囲 7kmの島。8~9世紀のヒンドゥー教石窟群で知られる。石窟は未完成のものを含めて全部で8つあり,北岸に近い第1窟が特に大きくすぐれており,第2窟と第8窟は未完成のままである。第1窟は8世紀前半に造られ,縦 37m,横 17mの広間を中心に中庭,小窟,廊下が囲み,大広間南側の小室にある高さ約 5.4mのマヘーシャムルティ (またはトリムールティ〈三神一体像〉) =シバ神胸像をはじめ,多くの神像や,シバの物語を刻んだ壁面刻がある。第6窟は 18世紀中頃まで寺院として使用されていた。全体に波浪による浸食を受けている。島名は,1864年まで島の南端にあった石造のゾウに由来。ゾウは現在はムンバイのビクトリア公園に移されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

エレファンタ‐とう〔‐タウ〕【エレファンタ島】
Elephanta Island》インド西部、マハラシュトラ州の都市ムンバイ沖合アラビア海のムンバイ湾に浮かぶ島。名称は、16世紀にポルトガル人が上陸し、ゾウの石像を発見したことに由来する。6世紀から8世紀頃に造られた五つのヒンズー教石窟寺院があり、三面のシバ神像をはじめ、同国を代表するヒンズー教美術の宝庫として知られる。1987年に「エレファンタ石窟群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エレファンタ島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エレファンタ島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation