@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エレファンタ石窟【エレファンタせっくつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エレファンタ石窟
エレファンタせっくつ
Elephanta Caves
インド西部,ムンバイ (ボンベイ) 湾内のエレファンタ島にあるヒンドゥー教群。未完成のものを含めて全部で8窟から成るが,規模,内容とも注目に値するのは第1窟で,建造年代は8世紀前半と推定される。初めは東を正面とし,広間の西奥にリンガ (陽石。→リンガ崇拝 ) を祀る方形祠堂をおいていたが,のち祠堂の西側にも入口をつけ,また広間の北側に新たな正面入口を設け,南奥にシバ神像を祀って全体のプランを十字形に変えた。石窟内には 26基の柱があったが,現存するのは 18基。南奥壁のシバ神胸像は高さ約 5.4mに及ぶ。石窟内にはこのほかシバ神に関係する群像浮彫が8面ある。いずれも丸彫に近い表現で堂々たる量感をもち,中世初期ヒンドゥー教彫刻の傑作といえる。 1987年世界遺産の文化遺産に登録。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えれふぁんたせっくつ【エレファンタ石窟】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

エレファンタ石窟」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エレファンタ石窟の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation