@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エレファンティン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エレファンティン
Elephantine
エジプトのアスワンのナイル第1急流の北にある細長い島。現ジャリラトアスワン。古代エジプトの上エジプトにおける第1ノモスの首都があった。エジプトの南端にあったため,古王国時代 (前 2686頃~2181頃) から軍事上,交易上重要な役割を果した。島には第 18,19王朝の王たちが建造したクヌム神殿跡が存在する。新王国時代 (前 1567~1085頃) にはヌビアの支配地となったが,サイス朝時代 (前 644頃~525) に再びエジプトの辺境要塞となった。また末期王朝時代 (前 1085頃~525) からアケメネス朝ペルシア時代 (前 525~335) を通じて,ユダヤ人の軍事植民がここに定着した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エレファンティン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エレファンティンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation