@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エロス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エロス
Erōs
ギリシア神話の愛の神。ラテン語名をクピド (キューピッドはその英語化) という。ヘシオドス叙事詩神統紀』では,天地生成の初めにカオスに次いで生じた最古の存在の一つである。すべての神々のなかで最も美しく,アフロディテが神々の仲間に加わると,すぐこの女神に伴するようになったといわれているが,のちにはアフロディテがアレスの種によって生んだ息子とみなされるようになった。弓矢を持ち,金の矢で射ることによって恋情を,鉛の矢で射ることで嫌悪の情を燃立たせるという。人間の美女プシュケを愛し,彼女を憎悪してやまないアフロディテの妨害にもかかわらず万難を排して彼女と結婚して,霊魂の人格化された存在にほかならない彼女を神々の仲間入りさせたとされる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エロス
Eros
1898年8月 13日にコペンハーゲンのウラニア天文台の C.ビットにより発見された小惑星 433号。の位置における平均実視等級 10.3等。長さ約 35km,幅約 16km,厚さ約 7kmの不規則な岩石状で,5時間 16分の周期で自転し,明るさが 1.5等程度変化する。公転周期 642日,軌道離心率 0.22。その公転軌道は火星軌道の内側に入り込み,地球に 2000万 kmまで近づくことがあるので,レーダの発達以前は太陽視差の精密測定にしばしば利用された。水星金星への接近を利用して,それらの惑星質量の計算にも役立ってきた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

エロス(〈ギリシャ〉Erōs)

ギリシャ神話で、愛の神。アフロディテの子。ローマ神話のクピド(キューピッド)またはアモルにあたる。恋の弓矢を持つ幼児の姿で表されることが多い。
小惑星の一。直径約20キロで、周期的に地球に2300万キロまで接近するので、太陽系の距離測定の基準にされた。

特定の人に対する、性愛としての愛。愛欲。
プラトン哲学で、真善美へのあこがれという純化された衝動

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

エロス【Eros】
1898年ウィットCarl Gustav Wittによって発見された特異小惑星の一つ。地球に異常に接近する可能性があるという点と,著しい変光を示すという点で特異である。軌道半長径1.46天文単位,離心率0.22という値から計算すると,近日点付近では地球から2240万kmまで接近する可能性がある。1900年および31年に起こった接近の機会を利用して天文単位の値の測定が行われたことは有名である。エロスの変光は規則正しく5時間16分の周期で繰り返され,変光の振幅はゼロから最大1.7等級にまで達する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

エロス【Erōs】
ギリシア神話の愛の神。ラテン語では,アモルAmorあるいはクピドと呼ばれた。ヘシオドスは《神統記》においてエロスを,世界生成の際にカオス(混沌)に続いてガイア(大地)およびタルタロス(深淵)とともに生まれた,神々のなかでも最も美しい神と述べている。またアリストファネス喜劇《鳥》のなかで,古いオルフェウス教教義を引用してエロスを,いまだ大地も大気も天空もないとき,夜の女神ニュクスNyxがもたらした世界の卵から生まれ出た万物の創造者,とうたっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

エロス
(Erōs)⸨エロース⸩
[1]
[一] ギリシア神話の愛の神。アフロディテとアレスの子。その気まぐれといたずらは多く人間や神々を悩ました。神々のうちで一番若く、のちには子供として描かれる。ローマ神話ではクピドー(キューピッド)。
[二] (Eros) 第四三三番の小惑星。火星と木星の間に楕円形の軌道をもち発見当時は地球に最も近づく小惑星として知られ、よく太陽の平均距離の測定に使われた。
[2] 〘名〙
① プラトンによる哲学用語。達成と欠如との中間にあって、真善美を追い求めてゆく衝動力。→アガペー
② (異性に対する、性的な)愛。→アガペー
※竹沢先生と云ふ人(1924‐25)〈長与善郎〉竹沢先生とその兄弟「女の人にその幸福を与へる根本的条件の男の愛、エロスですから」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エロス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エロスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation