@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エローラ石窟群【エローラせっくつぐん】

世界遺産詳解

エローラせっくつぐん【エローラ石窟群】
1983年登録のインドの世界遺産(文化遺産)で、アジャンターの南西約100kmのマハーラーシュトラ州にある。ここはインドで興隆し、栄えた3つの宗教の聖地で、仏教、ヒンドゥー教、ジャイナ教の34の石窟寺院が南北2kmにわたって並んでいる(南から北へ仏教寺院12、ヒンドゥー教寺院17、ジャイナ教寺院5の順)。なかでも8世紀中頃から約1世紀をかけて造営された第16窟のカイラーサ寺院とその彫刻は、シヴァ神やヴィシュヌ神など、ヒンドゥー教の神々を祀ったヒンドゥー教美術の最高傑作。また、仏教窟の最北端に位置する第12窟は、ティーン・タル(3階)窟と呼ばれるスケールの大きな僧院窟である。このような、異なる宗教が共存しながら、それぞれが宗教芸術の粋を競っている貴重な遺産であることが評価され、世界遺産に登録された。◇英名はEllora Caves

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エローラ石窟群」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エローラ石窟群の関連情報

関連キーワード

金井美恵子青山杉雨航空宇宙工業田原桂一[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門スペースシャトル飛行記録北川透佐藤さとる朝鮮映画

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation