@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エンタシス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エンタシス
entasis
建築用語。円柱柱身などに付されたふくらみ。ギリシアのアルカイック期のドーリス式円に特に顕著で,柱身のなかほどから上部にかけてふくらみのある曲線を示す。柱が荷重を支える力を表現すると同時に,外光によって柱の中央部がくびれて見えるのを防ぐとされる。前5~4世紀になり,次第に少くなる。ゴシックの塔やロマネスクの柱身にもみられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

エンタシス(entasis)
古代ギリシャ建築の柱に施された、ゆるやかなふくらみ。視覚的な安定感を与える。日本の法隆寺にもみられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

エンタシス【entasis】
古代ギリシア建築の円柱の柱身が,中央部でややふくらんでいる様子(胴張り)を指す。ウィトルウィウスは直線的な輪郭では中央部が細く見えてしまうのを矯正するためとしているが,円柱の重心を低くして安定性を増すためともいわれる。この手法はヘレニズム時代に東方に伝わり,ペルシアや中国を経て,日本の法隆寺などにもその影響が表れており,シルクロード経由の文化東漸の好例とされる。【福田 晴虔】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

エンタシス【entasis】
円柱につけられた微妙なふくらみ。建物に視覚的な安定感を与えるためのもの。ギリシャ・ローマ・ルネサンス建築の外部の柱に用いた。日本では、法隆寺金堂の柱などにみられる。胴張り。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

エンタシス
えんたしす
entasis
緊張、張りなどを意味するギリシア語に由来する建築用語。ギリシア建築の柱身に付されたわずかな膨らみ、胴張り。視覚的には柱身にエンタシスを付すことによって柱の硬直さを和らげる一方、建築上部の重圧に対して緊張感を与える。ギリシア建築ではドーリス式の柱に顕著に表現され、イオニア式、コリント式の柱身にもわずかながら認められる。エンタシスはその後ローマ建築やルネサンス建築の柱にもしばしば採用されているが、わが国の建築では法隆寺南大門や唐招提寺(とうしょうだいじ)金堂などの木柱にその例がみられる。[前田正明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

エンタシス
〘名〙 (entasis 「張り」の意) 底部が頂部より太い、円柱胴部のゆるやかなふくらみ。古代ギリシアのドーリア式建築で著しい。輪郭が直線の柱は中細で不安定に見えるので、これを防ぐのが目的とされた。法隆寺金堂にも見られる。
※十月(1941)〈堀辰雄〉一「太い柱の真んなかのエンタシスの工合を自分の手のうちにしみじみと味ははうとした」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

エンタシス
entasis
円柱の線をやや曲線的にふくらませ,胴張りをする建築方法
古代ギリシアの神殿建築で,柱の中央が細く見える錯覚を矯正するために考案された。特にドーリア式に著しい。日本建築でも,法隆寺中門と金堂などに見られる。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

エンタシス
entasis
古代ギリシア建築の円柱にみられる胴がふくらんだ様式
下端から全体の高さの3分の1ほどのところが最大径をなす胴ふくらみで,そのために力量感があふれてみえる。日本では法隆寺中門・廻廊などの飛鳥建築にこの様式がみられる。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エンタシス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エンタシスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation