@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エンテベ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エンテベ
Entebbe
ウガンダ中南部の都市。カンパラ南西約 35km,ビクトリア湖に突出した小半島に位置。標高約 1200mの湖岸にあるため年平均気温 21.6℃としのぎやすい。 1893年イギリスが駐屯地として建設,94年ウガンダ保護領の行政庁所在地となった。独立後カンパラに首都譲り,現在は住宅地。国際空,植物園などがあり,観光地としても名高い。湖港でもあり,ビクトリア湖を航行するケニア,タンザニア行きの汽船が出ている。 1976年のエンテベ空港事件で有名。人口4万 1638 (1991推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

エンテベ(Entebbe)
ウガンダ中南部の都市。首都カンパラの南西約35キロメートル、ビクトリア湖北岸に位置し、港をもつ。1894年から1962年まで英国保護領の首都が置かれた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

エンテベ【Entebbe】
東アフリカ内陸にあるウガンダ共和国の都市。ビクトリア湖北岸に位置する。人口2万1000(1980)。国際空港があり,ビクトリア湖の航路,首都カンパラへの国道によって,交通の要衝となっている。綿花,コーヒーなどを産出する地域の中心として1893年に建設され,94年からウガンダ独立の1962年までウガンダ保護領におけるイギリス行政府が置かれていた。カンパラ首都圏の中にある都市として開発が計画されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

エンテベ
えんてべ
Entebbe

アフリカ東部、ウガンダ中南部の都市。ビクトリア湖北岸に面する。人口5万7518(2002推計)。首都カンパラに近く、国際空港をもち、スーダン、ブルンジ、ケニア、ヨーロッパなどと結んでいる。東方のジンジャと並ぶビクトリア湖上交通の重要な港の一つで、とくにウガンダ鉄道がケニアのキスム止まりの時期、キスム―エンテベ間の輸送で栄えた。ビクリトア湖上の漁業の重要な中心地でもある。1976年のエンテベ空港事件(イスラエル軍による人質奪還のための空港奇襲作戦)で一躍有名になった。

[赤阪 賢]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エンテベ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エンテベの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation