@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エンドウ(豌豆)【エンドウ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エンドウ(豌豆)
エンドウ
Pisum sativum; pea
マメ科の一年または二年草。ヨーロッパ原産。最も古い作物の一つで,世界各地に広く栽培されている。したがって変種や品種も多いが,花が白色のものをシロエンドウ,赤色または紫色のものをアカエンドウ P. sativum var. arvense という。草丈の低い品種もあるが,普通は高さ 1.5mぐらいに達する。葉は 2~3対の卵形または楕円形の小葉からなる羽状複葉で,先端に巻きひげがあり他物に巻きつく。葉腋から花軸を出し,その先に普通 2個ずつの蝶形花をつける。未熟の豆果をサヤエンドウとして食べたり,熟した種子をグリーンピースとして食べたり,あんにつくって菓子の原料にする。なお,エンドウを使ってグレゴール・ヨハン・メンデル遺伝の法則(→メンデルの法則)を発見したことは,よく知られている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

エンドウ【エンドウ(豌豆) pea】
マメ科の一~二年草。さやの硬軟により2亜種に分けられている。ssp.arvense Poir.はさやが硬く,紅花系で,主に豆用。ssp.hortense Asch.はさやは軟らかく,一般に白花系で,サヤエンドウやグリーンピース用に栽培される。茎はつる性で,高さ1.5~2mになるが,50cmほどの矮性(わいせい)品種もある。葉は複葉で,羽軸の先が巻きひげになり,支柱にからみついて生長する。上位の葉腋(ようえき)から長い花梗が出て,先に1~数個の蝶形花が咲く。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

エンドウ(豌豆)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エンドウ(豌豆)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation