@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エンドウ

栄養・生化学辞典

エンドウ
 [Pisum sativum].バラ下綱マメ目マメ科エンドウ属の食用マメ類の一種種子や若いさやを食用とする.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

エンドウ
えんどう / 豌豆
pea
[学] Pisum sativum L.

マメ科(APG分類:マメ科)の一、二年草。茎は高さ1.5~3メートルになるが、矮性(わいせい)種では約50センチメートル。葉は複葉で、軸の先が巻きひげになる。晩春に上位の葉腋(ようえき)から長い花柄を出し、1ないし数個の蝶形花(ちょうけいか)をつけ、花色は白、紅、紫。花弁5枚、雄しべ10本、雌しべ1本。莢(さや)に5、6個の種子(豆)ができる。豆は薄緑色、茶色、まだらなどで、完熟するとしわのよるものが多い。中近東地域に野生するP. humile Boiss et. Nöe.が祖先種だとする説が有力である。古代ギリシア・ローマ時代から栽培されていた。中国には5世紀に伝わり、日本には9、10世紀までに渡来したと考えられている。世界の主産国は旧ソ連地域、中国である。栽培は秋播(ま)きで、翌年4月の収穫が多いが、東北地方北部や北海道では春播き栽培も行われる。暖地の無霜地帯では晩夏播き冬穫(と)り栽培もある。酸性土壌と連作には適さないので注意を要する。

 エンドウのもやしは豆苗(とうみょう)と称し、中国料理に用いる。また茎葉は飼料とする。栽培品種は用途別にさまざまに分化している。サヤエンドウには多くの専用品種があるが、実用上、キヌサヤエンドウと大ザヤエンドウとに大別される。キヌサヤでは、伊豆半島でおもに栽培される「伊豆赤花」や、渥美(あつみ)半島の「渥美白花」が有名で、正月用の煮物などに使われる。大ザヤはヨーロッパ系エンドウの系統に属するもので、代表種には「フランス」(仏国大莢)や「オランダ」がある。莢が10センチメートル以上になっても軟らかい。

 種子が緑色のうちに利用するのがむきみ用すなわちグリーンピース(青実用)である。豆は大粒で、豆ご飯や塩ゆでにしてつまみにする。まだ緑色の実を莢から取り出して缶詰にする。また、味つけしたシロップに漬けたものをシュガーピーとよぶ。ゆでたものを冷凍加工にもする。完熟豆を利用するものは実取りエンドウとよばれ、豆の色には緑、赤、褐色のまだら、黄白などがある。水でもどして煮豆(鶯豆(うぐいすまめ))、製餡(あん)、塩ゆで、塩炒(い)り、業務用みその原料にする。赤エンドウはみつまめに用いられる。

[星川清親 2019年10月18日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エンドウ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エンドウの関連情報

関連キーワード

園豆豌豆薗豆豌豆鬚長蚜虫豆拳蟹コリアンダーニンニクパセリフサスグリエンドウ(豌豆)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation