@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エンニウス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エンニウス
Ennius, Quintus
[生]前239. カラブリア,ルディアエ
[没]前169
ローマの詩人ラテン文学の父。南イタリアのギリシア文化圏で育ち,ギリシア語,ラテン語,オスク語を話し,ローマ軍隊に百人隊長として勤務。大カトーの保護を得て首都に出てギリシア語の教師となり,詩作を始め,大スキピオほか多くの有力者を友にもって,前 184年ローマ市民権獲得。代表作は,伝説時代から同時代までのローマ史を歌ったローマ最初のホメロス風英雄叙事詩年代記』 Annales (18巻,前 169頃完成) ,およびギリシア悲劇の翻案およそ 20編。ほかにローマ史のエピソードを題材としたプラエテクスタ劇,喜劇,サトゥラ (雑録詩集) ,エピグラムなどもあり,多作であった。現存するのは一部の断片のみ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

エンニウス(Quintus Ennius)
[前239~前169]古代ローマの詩人。ラテン文学の父といわれた。叙事詩「年代記」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

エンニウス【Quintus Ennius】
前239‐前169
ローマの悲劇・叙事詩人。イタリア半島の先端カラブリア地方ルディアエに生まれた。前204年に当時クアエストル(財務官)であった大カトーの知遇を得てローマに赴いた。ローマに居を移したエンニウスは後にローマの市民権を獲得する。前189年にはコンスルマルクス・フルウィウス・ノビリオルのアイトリア遠征に伴い,その模様を叙事詩《年代記》の中で記している。彼の作品は断片が伝わるのみであるが,その中からも彼の詩的才能をうかがい知ることができる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

エンニウス
えんにうす
Quintus Ennius
(前239―前169)

古代ローマ初期の詩人。広いギリシア的教養を身につけて上流指導層と交わった。作品は悲劇、喜劇、史劇、教訓詩、頌徳(しょうとく)詩、エピグラムなど実に多岐にわたった。なかでもローマ史をホメロスの手法で歌った晩年の叙事詩『年代記』によって、国民叙事詩の可能性を開拓したために、「ラテン文学の父」とよばれて、多くの詩人、とくにウェルギリウスに大きな影響を与えた。

[中山恒夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

エンニウス
(Quintus Ennius クウィントゥス━) ローマ初期の詩人、劇作家。ラテン文学の父といわれ、作品に、前一七一年までのローマ史である叙事詩「年代記」がある。(前二三九‐前一六九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エンニウス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エンニウスの関連情報

関連キーワード

増殖炉転換炉核兵器プルトニウムアミノナフトールスルホン酸高速増殖炉アンティゴノス[2世]アンチゴノス2世原子爆弾デメトリオス2世

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation