@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エーコ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エーコ
Eco, Umberto
[生]1932.1.5. アレッサンドリア
[没]2016.2.19. ミラノ
イタリアの文芸評論家,小説家,記号学学者。1954年トリノ大学で博士号を取得,イタリア放送協会を経て,1956~64年トリノ大学の教壇に立った。フィレンツェ,ミラノで教え,1971年にボローニャ大学の教授に就任した。初め美学を研究し,1962年にジェームズ・ジョイス論を中心に新しい美学の可能性を探った『開かれた作品』Opera apertaを発表した。その後,中世美術を研究し,前衛美術と大衆的なマスコミュニケーションとの関係を論じた『啓示と統合』Apocalittici ed integrati(1964),フェルディナン・ド・ソシュール構造言語学を発展させようと試みた『不在の構造』La Struttura assente(1968),イタリア語と英語で『記号論』Trattato di semiotica generale(1975),A Theory of Semiotics(1976)を発表した。小説は,1980年の長編第一作『薔薇の名前』Il nome della rosaが 1981年度のストレーガ賞を受賞し,世界的ベストセラーとなった。『フーコーの振り子』Il pendolo di Foucault(1988)も評判が高かった。新前衛派の重要な一員。(→イタリア文学

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

エーコ(Umberto Eco)
[1932~2016]イタリアの記号論学者・小説家。トマス=アクィナス研究から出発。小説「薔薇(ばら)の名前」は世界的ベストセラーとなった。他に「不在の構造」「フーコーの振り子」「記号論」など。ジロラモ=デ=ミケーレとの共著に「美の歴史」。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

エーコ【Umberto Eco】
1932‐
イタリアの美学者,記号学者。トリノ大学で美学を専攻し,観念論を排した新しい見地から学位論文トマス・アクイナスにおける美学的問題》(1956)を著す。これは中世美学研究に貴重な寄与をなしたが,傾倒する中世トミズムをはからずも歴史的に相対化する結果となった。以後ジョイスへの関心に〈秩序〉の崩壊した現代における美学的問題の考察へ向かい,1962年《開かれた作品》を発表,〈渾沌〉をめざす前衛芸術の詩学を,情報理論を活用して意義づけ,折からの新前衛派運動における理論的支柱となる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

エーコ【Umberto Eco】
1932~  イタリアの記号学者。「トマス=アクィナスの美学的問題」で学位を取得。以後、情報理論を取り入れテキストから文化事象一般に至る記号論を展開。著「不在の構造」、小説「薔薇ばらの名前」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

エーコ
えーこ
Umberto Eco
(1932―2016)
イタリアの評論家、美学者、記号論者、小説家。トリノ大学で美学を専攻。『トマス・アクィナスにおける美的問題』(1956)、現代芸術の新しい傾向を「開かれた作品」と規定し、ジョイスの文学を実作に則して論じた『開かれた作品』(1962)を著し、新前衛派(63年グループ)に加わり、サングイネーティアルバジーノバレストリーニらとともに反リアリズム文学を唱え、『クインディチ』誌の反体制運動にも参加した。哲学分野では『不在の構造』(1962)、『内容の諸形態』(1971)、『記号論』(1975、英語版1976)などがある。1971年からボローニャ大学教授となり、長編小説『薔薇(ばら)の名前』(1980)を出版して、世界的に話題を集めた。ほかに長編小説『フーコーの振り子』(1988)、『前日島』(1994)、自伝的な要素も加えた『バウドリーノ』(2000)などがある。[河島英昭]
『池上嘉彦訳『記号論』1・2(1980・岩波書店/講談社学術文庫) ▽河島英昭訳『薔薇の名前』上・下(1990・東京創元社) ▽藤村昌昭訳『前日島』(1999・文芸春秋/文春文庫) ▽藤村昌昭訳『フーコーの振り子』上・下(文春文庫) ▽篠原資明著『現代思想の冒険者たち29 エーコ』(1999・講談社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エーコ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エーコの関連情報

関連キーワード

清水宏斎藤寅次郎成瀬巳喜男山中貞雄五所平之助マキノ雅広稲垣浩小津安二郎キューカー満州国

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation