@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エージング

デジタル大辞泉

エージング(aging)
《「エイジング」とも》
年をとること。
エージング現象」の略。
酒などを熟成させること。「じっくりエージングをしたワイン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えーじんぐ【エージング】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

エージング【aging】
〔エイジングとも〕
〘化〙 ⇒ 熟成じゆくせい

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

エージング
〘名〙 (aging)
② ワイン、チーズなどを熟成させること。
機械などを慣らすこと。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

エージング
エージング
aging, ageing

時間の経過に従って,物事が変化していく経時変化をいう.経時変化していく過程で,変化が望ましい場合には,熟成,ねかし,ならし,養生,蒸しなどの用語が使われている.変化が望ましくないか,性質が低下していく場合には,老化,老成,加齢などの用語が使われている.これらの用語は専門分野で特有な使われ方をしている.たとえば,
(1)熟成:ビスコースレーヨンの製造工程において,紡糸に適する粘度まで放置することをいう.酒の醸造では,旨みをださせるため放置することをいう.ゴム工業では,素練り,混練の工程後,一定の時間放置すると,切断した分子鎖が再結合して加硫ゴムの性質が向上することをいう.配合ラテックスにおいてもラテックスが経時変化で安定することをいう.このように,熟成とは,成形加工の操作がほぼ完了した後,時間をかけることによって性質が向上することをいい,ねかしともよばれている.結晶成長において,結晶を大きく成長させることなどもいう.
(2)養生:接着や塗料の分野で,時間経過により性能を向上させることをいう.
(3)蒸し:染色分野で,染色工程後,染料の固着(染着性)を高めるために蒸気処理することをいう.
(4)老化:経過時間とともに材料の性質が悪くなることをいい,材料の劣化と同じ意味で使用されている.外部環境(熱,光,放射線,薬品,微生物,機械的刺激など)からの影響により分解などが起こり,時間の経過に従い材料の性質が悪くなっていく(色変化,亀裂,強度低下,性能低下など)ことを,老化または劣化という.
(5)老成:ビスコースレーヨンを製造する工程で,ビスコースを空気中に放置すると,セルロースの重合度が低下することをいう.
(6)加齢:生物が年をとっていくことであるが,生物の分野では,細胞が老化していく過程を細胞加齢,細胞分裂加齢という.また,人では加齢により老熟,老練するという.
このほかに,金属の分野では,時間経過により材料の強度が増す現象を時効(硬化)とよんでいる.一般に,成形加工後の材料の強度などの性能を向上させる目的で,熱を加えて放置する熱処理という方法がある.熱によって性能が悪くなる場合は,熱劣化という.繰り返し外部刺激(熱,力など)をうけ,材料の性能が悪くなる場合を疲労という.[別用語参照]時効硬化

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エージング」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エージングの関連情報

他サービスで検索

「エージング」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation