@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エーデルワイス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エーデルワイス
Leontopodium alpinum; edelweiss
キク科の多年草。ヨーロッパの高山や亜高山に生える有名な高山植物。草丈は 10~20cm,全体が白色の軟毛に包まれている。夏の頃,茎頂に6~10個の頭状花をつけ,その下に白毛をかぶった包葉が数枚星形について花弁のようにみえる。観賞用にも栽培される。日本に自生する同属のものは数種あり,なかでも谷川岳と尾瀬至仏山に生えるホソバヒナウスユキソウ L. fauriei var. angustifoliumと早池峰山のハヤチネウスユキソウ L. hayachinenseが最もよくこのエーデルワイスに似ている。このほか分布域のやや広いウスユキソウ L. japonicumや木曾駒ヶ岳産のヒメウスユキソウ L. shinanenseなどがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

エーデルワイス(〈ドイツ〉Edelweiß)
キク科の多年草。ヨーロッパ‐アルプスやヒマラヤ山脈など高山に自生。高さ10~30センチ。全体が白い毛で覆われ、葉は細いへら形。夏、茎の頂に葉を星形につけ、その間に花が集まってつく。日本には近縁種のヒメウスユキソウ・ハヤチネウスユキソウなどが自生。西洋うすゆきそう。 夏》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

エーデルワイス
静岡県、バイエルンマイスタービアが製造する地ビール。ドイツ人ビールマイスターが醸造する。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エーデルワイス
スイスの筆記具メーカー、カランダッシュ社のボールペンの商品名。「849コレクション」かつ「849 エッセンシャリースイスシリーズ」。スイス国花、エーデルワイスをデザインしている。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エーデルワイス
《Edelweiss》アメリカのミュージカルサウンド・オブ・ミュージック」の中で歌われる歌。1959年発表。作曲:リチャード・ロジャース、作詞:オスカー・ハマースタイン2世。日本では阪田寛夫による訳詞のものが知られる。歌いだしは「エーデルワイス エーデルワイス かわいい花よ」。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

エーデルワイス【edelweiss】
夏に美しい白い花を開くヨーロッパ・アルプス産のキク科ウスユキソウの1種(イラスト)。転じて,ウスユキソウの仲間をこの名で呼ぶことがある。高山植物として有名で,人の近づかない万年雪の岩の裂け目に野生するため,登山家たちのあこがれの花となった。名前はドイツ語のEdel(高貴な)Weiss(白)に由来する。【堀田 満】
[伝説]
 エーデルワイスの学名Leontopodiumは〈獅子の足〉の意で,これは毛皮状の葉にくるまった花がライオンの足を思わせるためであろう。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

エーデルワイス
えーでるわいす
Edelweiss ドイツ語
[学] Leontopodium alpinum Cass.

キク科の多年草。一名セイヨウウスユキソウ。ヨーロッパ・アルプス、ヒマラヤに自生し、アルプスの花として有名で、オーストリアの国花となっている。日本に自生するミヤマウスユキソウやハヤチネウスユキソウはごく近縁種である。

 なお、エーデルワイスは「高貴な白」という意味で、「アルプスの永久花」という名でも知られている。星形のビロードのような白花は「純粋」のシンボルになっている。

[冨樫 誠]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

エーデルワイス
〘名〙 (Edelweiß) キク科の多年草。ヨーロッパのピレネー、アルプスの両山脈やヒマラヤ山脈などに自生する。高さ一〇~三〇センチメートル。全株に白い綿毛を密生する。根ぎわに叢生する葉はへら状で、茎には葉がまばらにつく。夏、茎頂に白毛で覆われた葉を数枚星形につけ、その間に頭状花を七~九個密集する。アルプスの花として珍重され、スイスの国花ともなっている。日本には同属のミヤマウスユキソウ、ハヤチネウスユキソウなどが高山帯に自生する。《季・夏》

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エーデルワイス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エーデルワイスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation