@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エートベシュ【えーとべしゅ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

エートベシュ
えーとべしゅ
Lorand von Etvs
(1848―1919)
ハンガリーの物理学者。重力質量と慣性質量とが精密に比例関係にあることを調べた実験で知られる。ブダペストに生まれ、同地の大学を経て、のちにハイデルベルク大学に学んだ。1872年ブダペスト大学教授。1886年、液体の表面張力と温度との関係を示す「エートベシュの式」を発見、1896年、精密なねじり(ばかり)を考案し、翌1897年これを用いて、物体の慣性質量と重力質量とが比例関係にあることを実験で確認した(「エートベシュの実験」)。この結果は後年、A・アインシュタインの一般相対性理論の基本仮説の一つ、等価原理への実験的基礎を与えるものとなった。[荒川 泓]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エートベシュ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エートベシュの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation