@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エール

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エール
Yale, Caroline Ardelia
[生]1848.9.29. バーモント,シャロット
[没]1933.7.2. マサチューセッツ,ノーサンプトン
アメリカの女性聾唖教育家。マウント・ホリオーク・カレッジで2年間学び,バーモント州ウィルストンとブランドンアカデミー教壇に立ち,1870年ノーサンプトンのクラーク聾唖学院教師となり,以後 63年間その職にとどまった。 86年校長。同校校長であった H. B.ロジャーズは,従来の手指文字の代りにドイツ式口話法を用いて聾児に話法と読唇法を授けようと試みたが,エールはその志を継いで口話法を大成した。さらに校長時代には体育と手工を導入し,89年には聾児教育に従事する教員の養成クラスを新設するなど,アメリカの聾教育の発展に貢献した。アメリカ聾児教育振興協会の会長もつとめ,著書には『建々の日々-特殊教育開拓回想』 Years of Building,Memories of a Pioneer in a Special Field of Education (1931) がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エール
Yale, Elihu
[生]1649.4.5. ボストン
[没]1721.7.8. ロンドン
アメリカ生れのイギリスの慈善事業家。イギリス東インド会社役員。 1718年コットン・マザーの求めに応じてコネティカット植民地に大学を創設する際に最大の寄付者となった。ニューヘーブンに新設された校舎とカレッジは彼の名にちなんでエールと名づけられ,今日のエール大学起源となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エール
アイルランド」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

エール(Eire)
アイルランドゲール語名。1937年に独立宣言をしたときに称した国名。→ゲール語

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エール(yell)
学生のスポーツの試合などで、声をそろえて発する応援の掛け声。声援。「エール交換する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エール(ale)
英国の伝統的なビールアルコール度数がやや高いものが多い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

エール
 英国ではビールのこと.米国ではビールによく似た苦味のある飲料すなわち高温で短時間発酵させたビールをいう.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

エール【Éire】
1937年憲法規定されたアイルランド国のアイルランド語による国名。憲法制定当時の首相デ・バレラが,古代アイルランドの女王の名をとって,〈アイルランド自由国〉というそれまでの名称に代わる国名とした。第1公用語はアイルランド語,第2公用語は英語と憲法に定められているため,英語による〈アイルランドIreland〉という名称も〈エール〉と並んで正式の国名であった。アイルランド共和国法(1948)により49年,国家表明は〈アイルランド共和国〉となったが,現行憲法には,まだ,〈エール〉と〈アイルランド〉という国名の規定が残されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

エール【El】
前3千年紀より,オリエント世界で普通名詞〈神〉および固有名詞〈エール(イル)神〉の意味で用いられるセム語語源は〈力〉と関係するといわれる。エール神は,神々の父祖として神々の集会の主,王者として〈二つのの源〉あるいは北の山に住み,人類の創造者,恵み深い父として,前2千年紀中葉まで,ウガリト神話などにも現れる。旧約聖書では《創世記》の父祖伝承や《詩篇》などに現れるが,多くは旧約聖書固有の神ヤハウェと同定され,その別名として用いられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

エール【Lucien Herr】
1864‐1926
パリ高等師範学校を優秀な成績で卒業し,哲学教授資格をもつ碩学生涯,同校の図書係を職とし,30年以上にわたって,フランスの知的エリート養成機関である同校の学生たちの,知的な導き手となった。ジョレス,ブルムら社会党の新旧の指導者や多くの知識人が,その強い影響を受けている。アルザス出身で,ドイツの思想状況にも明るく,若くしてフランス社会主義運動に参加,ことに労働者の行動に期待を寄せてアルマーヌ派担した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

エール【ale】
イギリス産のビールの一種。ペールエール・ビターエールなどがある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エール【yell】
学生スポーツの試合で、選手を励ますときの叫び声。声援。 -の交換をする

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エール【Eire】
アイルランド共和国の旧称。アイレ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵mini

エール
NHKのドラマシリーズ「連続テレビ小説」第102作。2020年4月~9月放映予定。夏の全国高等学校野球選手権大会の大会歌「栄冠に輝く」などで知られる福島県出身の作曲家・古関裕而(ゆうじ)とその妻・金子(きんこ)をモデルに、激動昭和を音楽と共に生き抜く夫婦の姿を描く。脚本は林宏司。主人公の古山裕一を窪田正孝が演じ、ヒロインオーディションによる選出が予定されている。
(2019-3-5)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飲み物がわかる辞典

エール【ale】

発酵・貯蔵熟成を、常温(18~24℃程度)で比較的短い時間で行う上面発酵の製法でつくるビール。ふくよかな香りと豊かなこくが特徴。イギリスでは一般的でよく知られるが、ドイツ、ベルギー、アメリカなどでも製造されている。冷却装置が普及しラガービールができる以前はビールの主流であった。原料の麦芽とそれによる製品の色の濃さにより、ペールエールアンバーエールダークエールがある。◇「エールビール」ともいう。⇒ラガービール

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

エール
〘名〙 (ale) イギリス産のビールの一種。〔舶来語便覧(1912)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エール
〘名〙 (yell) 学生同士のスポーツの試合で、選手を励ますために叫ぶ、ある型にはまった叫び声。また比喩的に、特定の相手を応援したり、親しさを表わしたりするために、公の場で送るメッセージやあいさつをいう。「エールを交換する」
※日本野球史(1929)〈国民新聞社運動部〉対スタンフォード第一回戦、早大惨敗「エールの声や拍手にすっかり呑まれてしまった」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エール
(Eire) アイルランド共和国の旧称。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エールの関連情報

関連キーワード

一八四八年の革命三月革命マルクス1848年の革命と自由戦争記念日労働者友愛会ガルニエ=パージェスアウスグライヒウィーン蜂起革命カッタネオ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation