@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

オイディプス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オイディプス
Oidipous
ギリシア神話の英雄。テーベライオスイオカステの子であるが,息子に生命を奪われると予言されていた父によって,生後すぐ両足のかかとをピンで貫かれ,キタイロン山中に捨てられた。しかし隣国コリントの羊飼いに拾われ,子供のなかったポリュボス王と妃メロペの子となり,王の後継者の地位を約束された。成長ののち,自分の素性に疑問をもち,デルフォイに行きアポロン神託にたずねたところが,父を殺し母と結婚する運命にあると告げられた。この託宣の成就を避けるため,父母のいるコリントに帰るのをあきらめ,テーベに向ったところ,山中の隘路の辻でテーベからデルフォイに向ってやってきたライオスと出会い,争いの末に殺害した。テーベに着くと,当時この市を悩ましていたスフィンクスの謎を解いて,この女怪を自殺させ,その功績によって未亡人のイオカステと結婚し,テーベの王位につき,2人の息子ポリュネイケスエテオクレスアンチゴネイスメネの2人の娘をもうけた。しかしテーベは,オイディプスが知らずに犯した大罪のために悪疫と飢饉に襲われ,その原因を究明する過程で自分のほんとうの素性を知ったオイディプスは,イオカステが自殺したあと,自分の目を突いて盲目になり,アンチゴネに手を引かれ放浪の旅に出た。そして最後には,アッチカのコロノスに来てテセウスの保護を受け,エウメニデス女神たちの聖林の奥で,神秘的な死をとげたとされる。オイディプスとは,ギリシア語で「ふくれ足」を意味し,赤子のときピンで貫かれたあとがはれたままになったゆえにつけられた名であったという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

オイディプス(Oidipūs)
ギリシャ神話で、テーベ王ライオスとイオカステの子。アンティゴネの父。宿命により、知らずして父王を殺し、生母を妻としたが、事の真相を知って自ら両目をえぐり取り、諸国を放浪して死んだ。怪物スフィンクスのなぞを解いたことでも有名。ソフォクレスに「オイディプス王」「コロノスのオイディプス」の二悲劇がある。エディプス

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

オイディプス【Oidipous】
ギリシア伝説のテーバイ王。その名は〈ふくれ足〉の意。慣用的呼称ではエディプス。テーバイ王ライオスLaiosとイオカステIokastēの子。もし男子をもうければその子は父殺しになろうとの神託をうけていたライオスは,妃が男児を産んだとき,そのかかと()をピンでさし貫いて山中に捨てさせたが,赤児は牧人に拾われ,コリントス王の子オイディプスとして育てられた。成人後,両親に似ていないとからかわれた彼はデルフォイに赴いて神託を伺うと,父を殺し,母を妻とするだろうとのお告げがあったため,コリントスには戻らない決心をして旅をつづけるうち,たまたま出会ったライオスを実父と知らないまま殺害,さらにスフィンクス退治の功によってテーバイ王となり,それと知らないまま実母を妃とした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

オイディプス
おいでぃぷす
Oidipūs

ギリシア神話の英雄。フェニキアからギリシアに、アルファベット文字やその他の文物(ぶんぶつ)をもたらしたカドモスの玄孫(やしゃご)にあたる。テバイ(テーベ)の王である父ライオスは、生まれてくる子供に殺されるであろうという神託のいさめにもかかわらず、妻イオカステとの間に男児をもうけたが、その実現を恐れて赤子の踵(かかと)をピンで貫いたうえ山奥に捨てた。しかし、赤子はコリントス王ポリボスに拾われてその養子となり、足(プース)が腫(は)れている(オイデイン)ことから、オイディプスと名づけられた。あるときけんかの相手から、ポリボス王の実の子ではないとののしられ、真相を知るためにデルフォイの神託所へ赴く。そして、父を殺し母と臥所(ふしど)をともにするであろうという奇妙な神託を告げられた。このためオイディプスは、父母の住むコリントスへ帰ることを恐れてテバイへ向かうが、その途中の隘路(あいろ)で、向こうからくる馬車の一行と道を譲る譲らないの争いとなり、相手を打ち殺してしまう。テバイでは、獅子(しし)の体に翼を生やした女の顔のスフィンクスが、旅人に「一つの声をもち、四つ足、二つ足、三つ足となる生物は何か」という謎(なぞ)をかけては、答えられない者を食い殺していた。

 オイディプスはその答えは人間(幼時は四つ足で這(は)い、長じては両足で歩き、老いては杖(つえ)をひく)と解いて、みごとこの怪物を慙死(ざんし)せしめ、その功によってテバイの王座と王妃を手に入れた。しかし、やがて彼が行きずりに殺したのは父ライオスであり、妻としているのは実の母イオカステであることが明らかになり、イオカステは縊死(いし)し、オイディプスも自らの両眼をえぐり出して放浪の途につく。

 これが一般的なオイディプスの経歴であるが、異説も多い。ペルシア草創の英主キロスや、ローマ建国の祖ロムルスとレムスなどにもみられる捨て子のモチーフ、テウメッソスの狐(きつね)をはじめとするオイディプスの害獣退治の伝説、婿となる条件としての謎解き、始原神話、建国神話に付き物の近親相姦(そうかん)など、さまざまな民間伝承のモチーフが組み込まれてオイディプス伝説が形成されたと考えられるが、同時にまた、インドの阿闍世王(あじゃせおう)伝説との全体的な類似も著しい。

 フロイトは、幼い男児が同性である父親を敵視し、異性である母親の愛を勝ち得ようと意識下で願望する傾向を、この伝説にちなんで「オイディプス(エディプス)・コンプレックス」と名づけた。彼を扱った劇には、古代のソフォクレスの『オイディプス王』『コロノスのオイディプス』、エウリピデスの『フェニキアの女たち』などがある。このほか、セネカ、コルネイユ、リー、ドライデン、ボルテールをはじめとする後代の多くの作家による翻案が残されている。

[中務哲郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

オイディプス
(Oidipūs) ギリシア神話で、テーベの王ライオスとイオカステの子。父を殺し母を妻とするだろうというアポロンの神託のため、生まれてすぐ捨てられた。のち、神託どおりとなったので、苦悩のすえ自ら両眼をえぐり、娘アンティゴネに導かれて諸国を流浪し、アテナイで死ぬ。また、怪物スフィンクスのなぞを解いたことでも知られる。エディプス。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オイディプス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オイディプスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation