@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

オイラーの公式【オイラーのこうしき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オイラーの公式
オイラーのこうしき
Euler's formulas
オイラーの公式と呼ばれる定理は多数あるが,次のものが代表的である。 (1) 分数式に関するもの  Enan/(ab)(ac)+bn/(ba)(bc)+cn/(ca)(cb) を表わす公式。特に E1=0 ,E2=1 ,E3abc など。あるいはこれを k 変数に拡張した公式。 (2) 複素数の領域における関数 ex , sin x , cos x の間の形式的恒等関係に関する公式  eix= cos xi sin x ( x は実数) 。また e-ix= cos xi sin x であるから, cos x=(eixe-ix)/2 , sin x=(eixe-ix)/2i 。この公式は 19世紀にいたり複素変数の関数論が発展した段階で,形式的な公式から真に数学的意味をもつ定理へ発展した。 (3) 曲面上の曲線の曲率に関するもの  1/R= cos 2θ/R1+ sin 2θ/R2 。これは,曲面論の初歩に関する重要な公式である。曲面上の任意の点における接平面上には,その点における曲面の「切り口」 (この点における曲面の法線を含む任意の平面で,曲面を切ることによってその曲面上に現れる曲線) の曲率 1/R が,最大値 1/R1 および最小値 1/R2 をとる2つの方向が存在し,この2つの方向は,接平面上で互いに垂直である。この公式で θ は,「切り口」の接線と曲率 1/R1 を与える方向との間の角である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

オイラー‐の‐こうしき【オイラーの公式】
指数関数三角関数との関係を表す式。自然対数e虚数単位をiとすると、eiθ=cosθisinθという公式が成り立つ。θ=πのとき、eiπ+1=0となり、これをオイラーの等式とよぶ。いずれもスイス出身の数学者レオンハルト=オイラーにちなむ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典

オイラーの公式【Euler's formula of polyhedron】
面の交わることのない多面体において,面の数(F),頂点の数(V),および稜の数(E)の間には次のような関係がある.オイラーの多面体定理*と呼ばれることもある.オイラー‐ポアンカレの式*も参照.

FVE+2

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おいらーのこうしき【オイラーの公式】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

オイラーの公式」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オイラーの公式の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation