@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

オイラー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オイラー
Euler, Leonhard
[生]1707.4.15. バーゼル
[没]1783.9.18. ペテルブルグ
スイスの数学者。 18世紀を通じ最も多才な数学者で,近代解析学創始者の一人。 J.ベルヌーイのもとで学び,1730年にペテルブルグ科学アカデミーの物理学教授,33年に数学教授となる。 41年ベルリン科学アカデミー会員。過度の仕事によりまもなく片方の目の視力を失い,晩年には残りの一方も失明したが,学問に対する熱意は少しも衰えなかった。 66年再びペテルブルグに戻り,その地でした。彼の業績は,純粋数学の分野に顕であるが,物理学,天文学にも功績を残している。オイラーの名のつく慣用の記号や定理が,初等幾何学から高等解析学の分野にいたるまで多数存在する。三角関数の解析的取扱い,対数の算法的取扱い,楕円積分加法定理の証明,整数論における平方剰余の相互法則その他の発見,微分幾何学,変分法,微分方程式への先駆的研究など多大の成果を残した。主著『無限小解析緒論』 (2巻,1748) ,『微分学原理』 (55) ,『積分学原理』 (3巻,68~70) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オイラー
Euler, Ulf Svante von
[生]1905.2.7. ストックホルム
[没]1983.3.10. ストックホルム
スウェーデンの生理学者。ノーベル化学賞を受けた H.オイラー=ケルピンの子。カロリンスカ研究所の医学校卒業,1930年学位取得。カロリンスカ研究所生理学教授 (1939~71) ,スウェーデン王立アカデミー会員,ノーベル生理学・医学賞選考委員 (53~65) ,ノーベル財団理事長 (66) 。 48年にノルアドレナリンを発見するなど,40年代に,神経末梢部の伝達物質の発見とその貯蔵解離・不活化の機構の解明など多くの研究成果を上げた。これらの業績に対して,70年に,J.アクセルロッド,B.カッツとともにノーベル生理学・医学賞が授与された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

オイラー(Leonhard Euler)
[1707~1783]スイスの数学者。解析学など数学の諸分野での膨大な研究のほか、医学・化学・天文学などでも功績がある。著「無限小解析入門」「力学」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オイラー(Ulf Svante von Euler)
[1905~1983]スウェーデンの生理学者。オイラー=ケルピンの子。ノルアドレナリンを発見し、神経伝達物質であることを確認した。B=カッツ、J=アクセルロッドとともに1970年にノーベル生理学医学賞を受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

オイラー【Leonhard Euler】
1707‐83
スイスのバーゼルに生まれ,その地の大学のヨハン・ベルヌーイに数学の能力を認められた。18世紀においては,第一線の科学者は絶対主義王権のもとで科学アカデミーに所属して研究活動に専念するのがつねであり,オイラーもペテルブルグ,ベルリンの科学アカデミーで活躍した。1735年に1眼の明を失い,さらに66年には全盲になったが,多産な計算をし続け,その著作,論文遺稿は1911年以降《全集》としていまだに刊行中である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

オイラー【Leonhard Euler】
1707~1783 スイスの数学者。変分法の創始など解析学を中心に多くの功績を残すとともに力学(剛体に関するオイラーの運動方程式)・天体力学などにも貢献。その名を冠した公式・用語が多数ある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

オイラー
(Leonhard Euler レオンハルト━) スイスの数学者。微積分学を発展させ、変分学を創始。天文学、力学などの分野でも活躍した。(一七〇七‐八三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オイラー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オイラーの関連情報

関連キーワード

富士山富士山アウラングゼーブバッハアウラングゼーブドシテオス長崎派ファーカーアウラングゼーブアウラングゼーブ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation