@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

オウギガニ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オウギガニ
Leptodius exaratus
綱十脚目オウギガニ科 Xanthidae。甲幅 4cm。甲は扇形で,甲域が明瞭に分かれている。甲の前側縁には三角形の 5があり,6歯をもつムツハオウギガニ L. sanguineus と区別される。両種とも地味な暗灰褐色で,灰白色や黒褐色の不規則な斑紋があることが多い。潮間帯の石の下や岩の割れ目では形態が擬態となり,体色が保護色となっているが,外敵に対して擬死をする。インド西太平洋海域で最も普通に見られるカニの一種。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

オウギガニ
おうぎがに / 扇蟹
[学] Leptodius exaratus

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目オウギガニ科に属するカニ。房総半島から南太平洋、インド洋まで広く分布する。甲は前方に開いた扇形で、前側縁の歯は眼窩(がんか)外歯を含めて五つである。甲面は平らで、甲域に細分されており、横しわや大小のくぼみで粗面を呈する。色彩は、じみな暗青色から暗褐色まで変異に富むが、灰白色の不規則模様や大きな黒斑(こくはん)があることが多い。甲の形状と色彩は擬態効果をもち、さらに外敵に対して脚(あし)を縮めて死んだふりをする。甲幅3センチメートル内外。甲の前側縁に6歯あるムツハオウギガニL. sanguineusは、一般的形態や習性、分布とも本種と同様である。やや大きく、サンゴ礁海域に多い。

[武田正倫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オウギガニ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オウギガニの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation