@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

オオウナギ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オオウナギ
Anguilla marmorata
ウナギ目ウナギ科の魚。全長 1.5mに達する。体は細長く,ほぼ円柱状で,尾部は多少側扁する。体色は黄褐色または暗褐色で,虫くい状の暗色斑がある。大型魚は河川の洞窟内にひそむ。小魚エビカニ類を食べる。黒潮が接岸する鹿児島県から房総半島にいたる沿岸小笠原諸島,東アフリカ,南アフリカ共和国のナタール地方に分布する。長崎県,徳島県,和歌山県のおもな生息地は国の天然記念物に指定されている。産卵習性は不明。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おおうなぎ【オオウナギ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

オオウナギ
おおうなぎ / 大鰻
giant eel
[学]Anguilla marmorata
硬骨魚綱ウナギ目ウナギ科に属する魚。別名カニクイ。全長2メートルになる熱帯性のウナギで、主としてインド洋から中部太平洋に分布する。日本では黒潮の影響が強い地方にだけ生息し、千葉県利根(とね)川が北限である。静岡、和歌山、長崎、徳島の各県のおもな生息地は国の天然記念物として保護されている。[多部田修]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オオウナギ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オオウナギの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation