@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

オオカバマダラの生物圏保護区【オオカバマダラのせいぶつけんほごく】

世界遺産詳解

オオカバマダラのせいぶつけんほごく【オオカバマダラの生物圏保護区】
2008年に登録されたメキシコの世界遺産(自然遺産)で、同国中央部、首都メキシコ・シティの北西に位置する山岳高山地帯。この生物圏保護区は、蝶の一種であるオオカバマダラ(マリポーサ・モナルカ)が越冬する際に暮らす地域の保護を目的としている。オオカバマダラのメキシコの生息地は12ヵ所あるといわれ、そのうち8ヵ所がこの保護区内に存在し、さらにそのうちの4ヵ所が一般公開されている。◇英名はMonarch Butterfly Biosphere Reserve

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オオカバマダラの生物圏保護区」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オオカバマダラの生物圏保護区の関連情報

関連キーワード

日本電信電話(株)採石業登録記念物アレクサンドル オベチキンパヴェル ダツック遺伝子不整脈アレクサンドル オベチキングーグル雇用三星グループ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation