@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

オオヘビガイ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オオヘビガイ
Serpulorbis imbricatus; imbricated worm shell
軟体動物門腹足綱ムカデガイ科。付着生活のためは一定していないが,最初はゆるく巻き,その後次第に巻き解けていく。また長く管状に伸びることもある。平巻状になった成貝では殻高 2cm,殻径 5cm,殻口径 1.5cm。殻表は褐色を帯び,細い肋がある。殻内面は紫褐色。ふたをもたない。巻きは左巻きであるが,これは逆立ちをするように殻頂を下にして巻き上がるためで,軟体は右巻きの体制である。足の前端から粘質の糸を水中に出し,プランクトンや有機物などを付着させ,口の両側にある指状突起でそれをたぐり寄せて食べる。精子の受渡しもこの粘液の糸を利用して行われる。卵は卵嚢に入れて殻の内面に付着させ,孵化するまで保護する。肉は食用。北海道南部以南の潮間帯の岩礁に殻で付着する。地方によりマガリ,ハマカズラ,ヒダリマキなどの名がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

オオヘビガイ
おおへびがい / 大蛇貝
imbricated worm shell
[学] Serpulorbis imbricata

軟体動物門腹足綱ムカデガイ科の巻き貝。古名をマガリ、ハマカズラなどという。北海道以南の潮間帯の岩礁に殻で固着し、しばしば潮だまりの岩の上に群がって着生している。殻は一見左巻きのようであるが、殻頂部から上に巻き上がった右巻きである。なかには規則的な螺旋(らせん)でなく、不規則に伸びる個体もある。殻表には褐色の螺状肋(ろく)があり、ところどころに節のような段がついている。殻内は淡紫褐色で蓋(ふた)はないが、足の外側が蓋状になっている。平巻き状に巻いた標本では直径は50~60ミリメートル、螺管の径は10ミリメートルぐらいである。生時は自分で餌(えさ)をとりに動くことができないため、口から粘液の糸をクモの巣のように水中に張り巡らし、これにかかった微小生物を、口の両側にある指状突起で糸をたぐり寄せて食べる。卵は卵嚢(らんのう)に入れて螺管内の殻口近くに産み付け、孵化(ふか)まで保護する。肉は甘みがあり、食べられる。

[奥谷喬司]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オオヘビガイ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オオヘビガイの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation