@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

オオヤマレンゲ

世界大百科事典 第2版

オオヤマレンゲ【Magnolia sieboldii C.Koch ssp.japonica Ueda】
深山幽谷にまれに見られるモクレン科の落葉灌木(イラスト)。6月頃,可憐で清楚な花をつける。 樹高1~3mで,は斜上ぎみに伏して伸びる性質がある。葉は互生し,倒卵形で先端は急にとがり,長さ7~12cm。花は白く,頂端に単生し,うつむきかげんに咲く。おしべは淡紅色で白い花弁に映える。めしべはモクレン科としては少なく約10個。集合果(実)は9~10月に熟し,紅色の種子が2個,各果実に入っている。谷川連峰から南は屋久島まで,および中国南部に分布し,冷温帯上部から亜高山帯にかけて生育する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

オオヤマレンゲ
おおやまれんげ / 大山蓮花
[学] Magnolia sieboldii K.Koch subsp. japonica K.Ueda

モクレン科(APG分類:モクレン科)の落葉低木。葉は広倒卵形、先端は急に突き出し、長さ7~12センチメートル、下面は白色を帯びる。花は長い花柄をもち、横向きないしはうつむき加減に壺(つぼ)状に開き、白い花弁に淡紅色の雄しべが映えて美しい。花期は5~7月。和名は、大和(やまと)(奈良県)の大峰山にある蓮花の意味。本州中部から九州の屋久(やく)島までと中国南部の深山にややまれに分布する。基本種は日本や欧米で一般に栽培されているオオバオオヤマレンゲM. s. subsp. sieboldiiで、朝鮮、中国東北部に分布する。全体が大形で雄しべが深紅色であることなどでオオヤマレンゲと区別できる。ウケザキオオヤマレンゲM. × wieseneri E.-A.Carrièreは雑種起源と推定されているもので、栽培されることもある。3種とも美しい花をめでて茶花とされる。

[植田邦彦 2018年8月21日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オオヤマレンゲ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オオヤマレンゲの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation