@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

オガタマノキ

世界大百科事典 第2版

オガタマノキ【Michelia compressa (Maxim.) Sarg.】
神社の境内によく植えられている常緑高木(イラスト)。さかき)として古くから尊ばれ,招霊(おきたま)が転じてオガタマの名になったともいわれている。 オガタマノキ属は近縁のモクレン属(オオヤマレンゲコブシ,ホオノキ等)と花は大変似ているが,腋生(えきせい)でめしべ群が柄を持ち,胚珠が4~18個であること等で容易に区別できる。オガタマノキはきれいな整形樹で高さ20m,胸高直径1.5mに達する。初春に葉腋に1個の花をつけ,強い芳香がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

オガタマノキ
おがたまのき
[学]Magnolia compressa Maxim.、Michelia compressa (Maxim.) Sarg.
モクレン科(APG分類:モクレン科)の常緑高木。高さ20メートルにもなる。和名は「招霊(おきたま)の木」が転じたともいわれ、古くから神社によく植えられる。葉は厚い革質で、長楕円(ちょうだえん)状倒卵形、長さ5~15センチメートル。花は早春に開き、花弁は白色で基部は紅紫色である。花が葉腋(ようえき)につくこと、1心皮からなる雌しべが開花期、果実期ともに基部まで離生することがモクレン属と異なる(APG分類ではモクレン属とされる)。種子は赤く、2~6個。種としては、房総半島以西の本州南西部、四国、九州、沖縄、台湾、フィリピンに分布している。トウオガタマ(カラタネオガタマ)M. figo (Lour.) Sprengelは中国原産で、日本でも庭木や生け垣としてよく植えられる。花は初夏に咲き、バナナに似た強い香りを放つ。[植田邦彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オガタマノキ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オガタマノキの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation