@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

オクラホマ州【オクラホマ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オクラホマ〔州〕
オクラホマ
Oklahoma
アメリカ合衆国,中南部の州。州都はオクラホマシティー。1541年スペイン人フランシスコ・バスケス・デ・コロナドが,この地方を探検。18世紀に入ってルイジアナ植民地に属し,1803年合衆国領,1830年にインディアン(→北アメリカインディアン)の居留地に指定されたが,南北戦争とそれに続く混乱を経て,先着順に無償で土地を提供する「ランドラン」Land Runが 1889年に実施され,白人の入植が始まった。1907年,46番目の州となった。北はコロラド州,カンザス州,東はミズーリ州,アーカンソー州,南はテキサス州,西はニューメキシコ州に接する。全体として西から東へ高度が低下し,ミシシッピ川支流のアーカンソー川水系の流域を占める。西部は乾燥して樹木のない不毛の地であるが,東部山地はうっそうたる林に覆われている。全州中 2番目にインディアン人口が多く,全人口の約 6%を占める。農牧を主産業とし,コムギ,綿花,トウモロコシなどを産する。牛肉は州の主要な畜産物。州の北部に石油,天然ガスの産出量が多く,岩塩,硫黄なども豊富である。石油精製,石油化学,機械,金属などの工業があるが,工業化は遅れている。面積 18万1038km2。人口 387万8051(2014推計)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

オクラホマ(Oklahoma)
米国中南部の州。州都は同州中央部にあるオクラホマシティー。大農牧地帯で、小麦や乳牛を産する。→アメリカ合衆国補説

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オクラホマ州」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オクラホマ州の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation