@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

オゴタイ・ハーン

世界大百科事典 第2版

オゴタイ・ハーン【Ögödei Khan】
1186‐1241
モンゴル帝国の第2代皇帝。在位1229‐41年。廟号は太宗。オゴデイ・ハーンともいう。オゴタイ・ハーン国開祖チンギス・ハーンの第3子。前代以来未解決の征服事業の達成をめざし,ホラズム国を完全に滅ぼしてイランを平定し,1234年に親征して朝を滅ぼした。内政面では,モンゴル高原に対しては井戸を開削して牧地の拡充を図り,家畜税を定め,農耕地帯に対しては戸口調査をして新税法を定め,税収の確保につとめた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

オゴタイ・ハーン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オゴタイ・ハーンの関連情報

関連キーワード

窩闊台ケレスチヌス4世京都守護ベリコタルノボウルバヌス3世ガズナ朝沖つ潮オゴデイブルガリア史藤原定家(ふじわらのていか)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation