@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

オシロイバナ科【おしろいばなか】

日本大百科全書(ニッポニカ)

オシロイバナ科
おしろいばなか
[学] Nyctaginaceae

双子葉植物、離弁花類。草本または低木、高木、藤本(とうほん)。葉は単葉で全縁、互生または対生し、托葉(たくよう)はない。花は両性まれに単性で総包葉に囲まれる。花被(かひ)は筒形で先端は5~10裂し、花冠状に色づく。雄しべは1~10本またはそれ以上あり、花糸の基部が癒合するものがある。子房上位で1室、1本の花柱が出る。痩果(そうか)は固い萼筒(がくとう)の下部に包まれ、翼や筋があり、種子1個がある。世界で約300種あり、日本では南アメリカ原産のオシロイバナやブーゲンビレアが有名である。

[小林純子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オシロイバナ科」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オシロイバナ科の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation