@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

オストラシズム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オストラシズム
ostracism; ostrakismos
陶片追放と訳される。古代ギリシアの政治制度。類似の制度はアルゴス,シラクサにもあったが,アテネのそれが特に有名。僭主の出現を防ぐため,特に有力すぎて国家に有害と思われる政治家を市民の秘密投票で追放する制度で,クレイステネスによって創設された。この法の適用が決定されると,市民は陶片 (オストラコン) に追放すべき者の名を刻み,アゴラ (広場) で投票した。法を適用された者は 10年間アテネから追放されたが,市民権や財産を失うことはなかった。この制度はのちに政争の具と化し,前 417年を最後に行われなくなった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

オストラシズム(ostracism)
紀元前5世紀、古代ギリシャで行われた僭主(せんしゅ)出現防止のための市民投票。僭主の可能性のある者の名を陶片(オストラコン)に書いて投票したためこの名がある。票が一定数に達すると、指名された者は10年間追放された。陶片追放オストラキスモス
[補説]もと「貝殻追放」と訳された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

オストラシズム【ostracism】
古代アテネで僭主せんしゆの出現を防ぐため、危険人物を市民の秘密投票で追放した制度。クレイステネスが創設。投票には陶片(オストラコン)を使用した。陶片追放。 貝殻追放は誤訳

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

オストラシズム
おすとらしずむ
ostracism
紀元前5世紀にアテネなどで行われた「陶片追放」を意味する英語。ギリシア語ではオストラキスモスという。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

オストラシズム
〘名〙 (ostracism) 古代ギリシアのアテネで行なわれた僭主(せんしゅ)の出現を防ぐための市民投票。危険人物の名を陶片に記入して秘密投票し、六〇〇〇票を超えた者は一〇年間の国外追放とした。紀元前四八七年初めて施行されたが、のちには政争に悪用された。陶片追放。オストラキスモス。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

オストラシズム
Ostrakismos
古代ギリシアにおける,僭主の出現防止のための市民による投票制度。「陶片追放」と訳す
アテネでペイシストラトスの僭主政治が倒れてのち,クレイステネスにより前508年ごろ制定され,前487年に初めて実施された。僭主になるおそれのある人の名を「陶片」(オストラコン)に書いて投票し,最多数の指名者(全投票数が6000票以上の場合に発効)は10年間国外に追放された。のちに乱用されたため,前415年アルキビアデス(政治家・軍人)の追放を最後に実施されなくなった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オストラシズム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オストラシズムの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation