@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

オスマン朝美術【オスマンちょうびじゅつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オスマン朝美術
オスマンちょうびじゅつ
Ottoman art
オスマン帝国(1299~1922)のイスラム美術セルジューク朝美術基盤とし,ビザンチン美術の影響を受けて発展。壮大な建築が高度に発達し,代表的遺例としてイスタンブールスレイマン・モスクスルタン・アフメット・モスクがあげられる。陶器は 15世紀以降イズニクやクタイアを中心に発達した。絵画では控えめな色調ミニアチュールが描かれたが,18世紀以降ヨーロッパの影響を受けて独自性を欠き,衰退に向かった。肖像画の発達もこの時代の特徴の一つである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オスマン朝美術」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オスマン朝美術の関連情報

関連キーワード

島津保次郎正安パガン(蒲甘)朝オスマン(1世)オスマン帝国アイルランド自由国帰山教正パステルナークブラジル文学ムルナウ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation