@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

オスラー病【オスラーびょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オスラー病
オスラーびょう
Rendu-Osler-Weber disease
ランデュ=オスラー=ウェバー病ともいう。フランスの内科医 H.ランデュ,アメリカの内科医 W.オスラー,イギリスの内科医 F.ウェバーの3人が 1901年に報告した。遺伝性出血性毛細管拡張症。赤色小丘疹を中心として放射状に毛細血管拡張をみる病変が皮膚 (顔面,耳介,口唇,手指背など) ,粘膜 (口腔,消化器,鼻腔など) に多発,ことに鼻粘膜に好発し,軽い外傷でも出血する。症状は思春期鼻出血として始ることが多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オスラー病」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オスラー病の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation