@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

オスン-オソボ聖林【オスンオソボせいりん】

世界遺産詳解

オスンオソボせいりん【オスン-オソボ聖林】
2005年に登録された世界遺産(文化遺産)で、ナイジェリアの南西部、国内最大都市ラゴス北東のオスン州オソボ市にある。この地には、不思議な霊力を持っていた女が変身してオスン川になったという伝説が残る。オスンの聖なる森には、豊穣の女神オスンや他の神々を称える神殿、彫刻、芸術作品が佇んでいる。これらの多くは1950年代にこの地に来たオーストラリア人のスーザン・ヴェンゲルと彼女に協力した芸術家によって再興された。オスンを崇拝すると幸福になると信じられ、毎年7~8月の伝統的な宗教儀式には国内外から多くの人が訪れるなど、歴史に刻まれた伝統を今に伝えていることなどが評価され、世界遺産に登録された。◇英名はOsun-Osogbo Sacred Grove

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オスン-オソボ聖林」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オスン-オソボ聖林の関連情報

関連キーワード

ラムサール条約日本のラムサール条約登録湿地小泉純一郎内閣APECモナコ(国)アンドルー ジョーンズロナウジーニョアンドルー ジョーンズイーユン リーロナウジーニョ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation