@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

オセロ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オセロ
Othello
イギリスの劇作家シェークスピアの四大悲劇の一つ。5幕 11場。 1604年 11月1日の宮廷での上演が最も古い上演記録。初版は 22年の四つ折本 (クォート) 。イタリアの G.ジラルディ (チンツィオ) 作『エカトンミティ』 (1565) から取材している。ベニス公国に雇われたムーア人の将軍オセロは奸悪な旗手イアーゴー陰謀に乗せられて,貞な妻デスデモーナと副官キャシオーとの仲を疑い,嫉妬に狂って彼女を窒息死させるが,真相を知らされて自殺をとげる。彼が妻に与えたハンカチが重要な小道具となっている。 T.S.エリオットはオセロの自殺直前のせりふを「自己劇化」の見本として論じているが,古くからコールリッジの悲劇論や A.C.ブラッドリーのイアーゴーの性格論など,この作品に関しては多くの論述が残されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オセロ
Othello
日本で考案された盤上ゲーム。オセロは商標。相手の石を囲んでとるヒントに,黒と白の石を使って,相手の石を挟んだらとる,というルールが発案された。縦横8列,64の枡目に区分された緑色の盤上で,表裏が黒と白の 64個の丸い石を使って競技者2人が黒と白に分かれて勝負する。中央にまず,白と黒の石が斜めに交差するように2個ずつ置く。続いて黒から先に,相手の石を縦横,斜めいずれかで挟み,挟んだ相手の石を裏返して自分の色に変えながらゲームを進める。相手の石を挟めないときはパスをする。盤上にすべての石を並べ終えたか,相手の石を挟めなくなったら終了し,石の数が多い色が勝ちとなる。名称イギリスの劇作家ウィリアム・シェークスピアの四大悲劇オセロ由来。 1973年には日本オセロ連盟が設立され,同年に第1回全日本オセロ選手権大会が開催された。その後世界オセロ連盟も設立され,1977年第1回オセロ世界選手権大会が日本で開催された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

オセロ(Othello)
シェークスピアの四大悲劇の一。5幕。1604年ごろ初演。ムーア人の将軍オセロは部下イヤゴー奸計(かんけい)に乗せられて妻デスデモーナ貞操を疑い、殺害したあと、真相を知って自殺する。オセロー
縦横8ずつ計64のますの盤と、白と黒の二面の丸いを使う二人用のゲーム。交互に必ず相手の駒を挟むように駒を置き、挟んだ駒を自分の色に変えてその数を競う。商標名。オセロゲーム

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

オセロ
チェコの作曲家アントニン・ドヴォルザークの管弦楽曲(1892)。原題《Othello》。『自然の中で』、『謝肉祭』とともに、演奏会用の序曲三部作『自然と人生と愛』を構成する。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

オセロ【Othello】
イギリス生れの盤上ゲーム。〈リバーシreversi〉の名で1888年に商品化された。日本では明治時代に〈レバルシー〉(裏返し)として紹介され,その後〈源平碁〉の名で売り出されたこともあったが,1970年代に〈オセロ〉という商品名で市販されてから爆発的な人気を呼んだ。77年から国際トーナメント大会も開かれている。 ゲーム盤は8×8の64の升目で構成され,片面が白で裏面が黒の駒(オセロでは石と呼ぶ)64個を使用する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

オセロ
[1] (原題Othello) 戯曲。五幕。シェークスピア作。一六〇四年頃初演。ムーア人の将軍オセロは、妻デズデモーナの貞操を疑って殺してしまうが、のちに副官イヤゴーのたくらみと知って、悔恨のあまり自殺する。シェークスピア四大悲劇の一つ。
[2] 「オセロゲーム」の

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

オセロ
Othello
シェークスピアの4大悲劇の1つ
1604年初演。ヴェネツィアの将軍オセロが,部下イアゴの奸言を信じて貞淑な妻デズデモーナを絞殺。のち真相を知って悔み,イアゴを殺して自らも自刃する物語。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オセロ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オセロの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation