@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

オゾン層の破壊【オゾンそうのはかい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オゾン層の破壊
オゾンそうのはかい
1970年代初め,アメリカ合衆国の化学者フランク・シャーウッド・ローランドとマリオ・ホセ・モリナが,クロロフルオロカーボン(フロン)が紫外線を受けて成層圏で分解すると,大量のオゾン分子を破壊する能力をもつ塩素原子と一酸化塩素を放出するという理論を唱えた。1974年にこの論文が科学誌『ネイチャー』に発表されると,アメリカ政府が調査を開始し,1976年にはアメリカ科学アカデミーも 2人の研究結果を支持した。1978年にはフロンを使用したスプレー噴霧剤がアメリカ,ノルウェー,スウェーデン,カナダで禁止された。1985年にはイギリスの南極観測隊が南極上空のオゾン層に「穴」(オゾンホール)を発見し『ネイチャー』に発表,2人の研究が立証された。オゾンホールの発見が発表される直前,28ヵ国が協議し,オゾン層の保護のためのウィーン条約を採択した。採択会議はオゾン層を破壊する物質の研究のための国際協力を呼びかけ,国連環境計画 UNEPを事務局としてオゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書の草案を作成した。1980年代から 1990年代半ばにかけて南極上空のオゾンホールは拡大を続け,北極上空のオゾン層も南極ほど顕著ではないものの,薄くなった。しかし一連の取り組みが功を奏し,大気中に放出されるオゾン層破壊物質の量はかなり減少しており,2000年以降,南極上空のオゾンホールは減少傾向にある。世界気象機関と UNEPによると,オゾン層が完全に回復するのは北半球中緯度域上空で 2030年代,南極上空で 2060年代と予測されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オゾン層の破壊」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オゾン層の破壊の関連情報

関連キーワード

黒人問題人種別職業構成の割合鉄鋼業佐藤栄作内閣アラバール多国籍企業野村芳太郎フーコマーシャル・ソング自動車工業

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation