@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

オックスフォード条項【オックスフォードじょうこう】

世界大百科事典 第2版

おっくすふぉーどじょうこう【オックスフォード条項】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

オックスフォード条項
おっくすふぉーどじょうこう
Provisions of Oxford
イングランド王ヘンリー3世が、1258年国政の改革を要求する諸侯に強要され、同意した協約。これにより、王権は常置の十五人委員会に委任され、王の名において貴族が国を統治することになった。貴族が連帯して王権を制限し、行政に介入したのはこれが最初である。しかし、王は、ローマ教皇の支持を背景に、1264年フランス王ルイ9世の好意的な裁定によってこの協約から免れようとしたので、貴族との間に武力衝突が起こった。この「諸侯(バロン)戦争」Baron's Warで国王軍を破った貴族側の指導者シモン・ド・モンフォールは、この条項を王に再確認させて一時的に国政を掌握したが、1265年シモンの敗死により、新体制は崩壊した。[松垣 裕]
『城戸毅著『マグナ・カルタの世紀』(1980・東京大学出版会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オックスフォード条項」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オックスフォード条項の関連情報

関連キーワード

イスラム帝国アラブ文学アッバース朝マンフレートアッバース朝クウェート西アジア史アッバース朝フラグアラビア書道

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation