@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

オッタートロール

デジタル大辞泉

オッター‐トロール(otter trawl)
オッターボードでを左右に展開させる底引き網。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おったーとろーる【オッタートロール】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

オッタートロール
おったーとろーる
otter trawl
オッターボードotter board(拡網板、開口板)を使用して行う底引網をいう。引網類の一種で、底引網のうちの引回し網類に属する。1894年にスコットランドで考案され、日本に導入されたのは1908年(明治41)で、深江丸(169トン)の操業がその始めである。日本古来のものでは板引網が似ている。漁獲効率がきわめて高く、もっとも合理的な漁法で、ヨーロッパやアメリカでも広く使用されている。オッターボードは、曳網(えいもう)中、水の抵抗によって網口を左右に開かせる働きをする。取り付け方法としては、袖網(そであみ)前部の浮子(あば)綱と沈子(ちんし)綱に直接取り付けるダブルリガー用オッターボードと、両袖網に取り付けられた手綱(ハンドロープhand rope)と引綱(ワープwarp)との間にオッターボードを取り付ける方法などがある。形態は横型、縦型、円筒型などがあるが、現在は縦型で断面が翼形のもの(縦わん曲型)がもっとも普及している。
 底引網類では、曳網中に網口をできるだけ広く左右に広げるため、各種の開口方法が用いられている。(1)オッターボードを用いる方法、(2)二艘(そう)引による方法、(3)網口に桁(けた)またはビーム(梁(はり))を取り付ける方法、(4)1艘で網を引回す方法、(5)長い竿(さお)を張り出して網の引綱をつなぐ方法などがあるが、もっとも効果的な開口方法がオッターボードである。オッターボードの当初の目的は、底引網の網口を広げることであったが、底層のみならず中層や比較的表層の水中を曳網する技法も考案され、現在は底引網に限らず、表層や中層のオッタートロールも操業されている。
 底引網類は底生魚類を漁獲対象としているが、浮魚類に比較して移動力が少なく、多獲されやすい生物を対象とするため乱獲の危険性が高い。また、目的とする生物以外に海底に生息している生物をも根こそぎ漁獲してしまい、海底の生態系破壊にもつながりかねないため、選択性のある漁具の開発が進められている。[添田秀男・吉原喜好]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

オッター‐トロール
〘名〙 (otter trawl) オッターボードで網を左右に展開させる底引網。→オッターボード

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オッタートロール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オッタートロールの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation